FC2ブログ

オリカ解説。

「あっ瀬奈!」

「遊馬?どうした?」

「あのね、ブリュナがオリカ解説しとけって。」

「それくらい自分でやらせとけ。めんどくさい。」

「まあ結局自分でやってるわけだし、主人公なのに間違いなく僕より出番の少ない君に対する救済措置なんだよ。」

「う…」

「はーい、では改めまして、オリカ解説です。まあ完全番で青君が使ったカードの解説だね。」

「神話上の神様を大量に使った上に、様々な神話をミックスしたからな。」

「詳しい人が見た時に…ないわあ!ってなることが目に見えてるので、一応解説だね。」

「ちなみに引用はwikipedia参照だ。」

「じゃ、行くよ、まずは《蛇神ヴァースキ》、このモンスターは確かフィールド上に出ただけで何もしなかったんだっけ?ああ、融合したっけ?」

「ああ、ちなみにヴァースキはインド神話に登場するナーガラージャだ。」

「ナーガラージャ?」

「インドにおける蛇神の諸王のことだな、まあ、ナーガの王様だな。」

「なるほど、ところでなんでこのナーガラージャになったのさ?」

「ブリュナ曰く、他のナーガラージャがやたら首が多くて融合後の姿が想像できなかったかららしいぞ。」

「ああ…そういうことね。」

「今回使われなかったモンスター効果は全体攻撃、これは当初首がいっぱいので想定してたからその名残らしいぞ。」

「計画性が無かったんだね。」

「今更仕方ないだろ。これ以外の効果を着けようにももうアップしたから手が出せないんだ。」

「って、効果使ってないなら何でもいいんじゃ…やっぱり計画性が無かったんだね。」

「変に効果つけるとなんで使わなかった?ってなるからな、まあいい、次行くぞ、次。」

「えーっと次は…《神獣ククルカン》だね。」

「ククルカンとは、マヤ神話の至高神、創造神だな。」

「なるほど、偉いんだね。」

「多分な、ちなみにアステカにおけるケツァルコアトルと同一だな。ちなみに神獣ってのはブリュナの創作だ、有翼神獣とかいろいろあったが収まりがよかったのが神獣だったらしいぞ。」

「何で神鳥と蛇神が融合してククルカンになったのさ?そもそもケツァルコアトルと同一でなんでククルカンにしたのさ?」

「ククルカンやケツァルコアトルが羽毛ある蛇なんだ、だから鳥と蛇の融合でここに行きついたらしいぞ、ククルカンにしたのはブリュナ曰く…変換の都合上書きやすかったかららしいぞ。」

「罰あたりだね。」

「そうだな…。」

「そういえば、三沢君のデュエル書いて何で今回もデュエルを完全番と通常番と変えたのさ?」

「ブリュナ曰く、何かシムルグを簡単に処理したことに対する謝罪の意味を込めたらしいぞ。だからシムルグを融合したらしいが…結局いなくなったら意味無いよな。」

「結果的に駄目だね。」

「仕方ない、ブリュナだからな。で、ククルカンの効果は、シムルグとヴァースキの融合した効果だから両方の効果を併せ持ってることになるな。まあ…使う展開はなかったが。」

「ところでククルカンは、マヤ文明だよね?」

「ああ。」

「ヴァースキはインド神話だっけ?」

「そうだな。」

「シムルグは…?」

「イラン神話のはずだが…」

「滅茶苦茶だね。」

「まあ、そのためのこの記事な訳だからな。結果的に何とかなったかは甚だ謎だが。」

「確かにねえ…。」

「じゃあ、この辺りで…」

「ちょっとまって、まだ三沢君戦のオリカがあるよ。」

「そうか?確か全部OCGで構成されてたはずだが…?」

「いや、とりあえず《偽物のわな》だね。」

「OCGにもあるじゃないか。」

「いや、OCGのは効果がきちんとあるじゃない?でもこれにある効果は何も起こらないって効果しかないんだ。」

「なんでそんなカードを出したんだ?」

「ブリュナ曰く三沢君を目立たせたかったらしいよ。」

「…元々十分に目立ってたと思うが…?」

「まあ過剰な演出だよね。」

「そうだな…まだあいつの出番はあるのか?」

「三沢君に関しては…まあ反響しだいかとおもうけど?」

「…」

「…うん。」

「…さて、そろそろ終わるか。」

「そうだね。じゃあ、遊馬と瀬奈によるオリカ解説でした。ばいばーい
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

三沢を、明らかに当て馬扱いするのは辞めて貰えない(笑)?



DM4のネタじゃなく、まともに成長した三沢に期待したいです。



マジでお願いします。

Re: タイトルなし

> 三沢を、明らかに当て馬扱いするのは辞めて貰えない(笑)?

反省してますwww

> DM4のネタじゃなく、まともに成長した三沢に期待したいです。

はい、ちょっと反省して考えました。

> マジでお願いします。

了解です。

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.