FC2ブログ

TURN2『始まり』-完全番

前書き

さてと、完全番です

今回は二章が全部はっつけてますww

手抜きじゃないぜ!デュエルは変更してあるし、三沢戦もあるぜwwww

んじゃはじまりで。

…………………………………………

「…い…テム…おい!…」

…ん…

「おい!アテム!」

…瀬奈か?なんだ?

「お前が反応が無いからだろ。」

眠ってたからな。

「…お前が遊馬とデュエルしてから二日たったぞ。」

…なんだと?

「父さんも言ってたぞ前はこんなこと無かったって。」

確かにな…

「まあいい、今日は学校に行くぞ。」

学校?

「俺だって高校生だからな学校くらい行くさ。」

まあそうか。

そんなことを話していると部屋をノックする音がする。

「瀬奈ー?起きてるー?」

「…起きてる。」

「え?珍しいね、君がきちんと学校行く時間に起きてるなんて。」

「うるさいな、遊馬。」

ドアが開き遊馬が顔を出す。

「おはよう、瀬奈…ってまだパジャマじゃん、遅刻しちゃうよ?」

「わかってる。」

「…ところでアテムは?」

「ああ…ってちょっとま」

強引に瀬奈を押しのけ俺が前に出る。

「おはよう」

「あ、おはよう、アテム。」

なぜか遊馬は顔が笑っている。

「…なにがおかしい?」

「いや、なんか君たち二人の関係っておもしろいよね。」

「そうか?」

「なんか妙にぎくしゃくしてるっていうか…その割にアテムは普通だし。」

「瀬奈は普通じゃないのか?」

「ああいう感じなんだけど意外に瀬奈って素直なんだよ。けどアテムに変わってよって言うとすごい嫌がるし、千年パズルを身につけるのもすごく嫌がってたよ。」

「おかしいな、今は普通につけてるぞ。」

「そこは…」

なにやら遊馬は必死に笑いをこらえている。

「どうした?」

「いや、なんでもないよ、まあ今日学校に行けばわかるよ、きっとね。」

「そうか・・・。」

またなにやら瀬奈が騒いでる。仕方ない変ってやろう。

「せって!おい!…あ。」

「あ、瀬奈おかえり。」

「・・・ったく。」

相変わらず遊馬が笑っている。

「何がおかしい?」

「いや、瀬奈が嫌がる理由がなんとなくわかったよ。」

「度々体の主導権を勝手に奪われるんだ、不愉快以外の何物でもないだろ…」

「だよね。」

・・・気をつけよう。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
身支度を整える瀬奈の顔をみて一つの疑問が生じる。

瀬奈と遊馬は兄弟だよな?

「そうだな。」

その割に似てないな。お前ら。

「そうだな…まあ本当の兄弟じゃないからな。」

え…?

「俺母さんにも似てないだろ?」

確かに、遊戯にも杏子にも似てないな。

「だろ。まあ、所謂養子ってやつだな。」

…そうだったのか…瀬奈の実の両親は…?

「母さんはこの家に引き取られる前に死んだよ、元々体が弱かったからな。父さんは知らない、母さんは一人で俺を育ててたからな。」

なんだか悪いことを聴いたな…

「…そうだな。」

「瀬奈ー!朝ごはん出来てるよー!」

しんみりした空気が瀬奈の部屋を満たしたが底抜けに明るい遊馬の声がその空気を打ちやぶる。

「元々遊馬と仲がよくて、母さんが仕事で忙しかった時にこの家の世話になることが多かったからな。5歳からだから13年か、まあ父さんも母さんも実の息子の遊馬と分け隔てなく育ててくれたから、感謝はしてる。」

そうか。

「瀬奈ー!まだー!?」

「あんなのとはいえ兄弟も出来たしな。」

と言い一呼吸置き、

「わかった、すぐ行く。」

と瀬奈は遊馬に返事をする。

さっきまでの瀬奈の話を聴き、さっき遊馬が言っていた言葉を思い出した。

“意外に瀬奈って素直なんだよ。”

確かに、その通りだ。

部屋から外に出て居間に出ると遊戯がいた。

「あっ、瀬奈おはよう。えっと…」

「おはよう、父さん。アテムだろ、出てきていいぞ。」

瀬奈からの許可が出たため、俺が前に出る。

「おはよう。」

「おはよう、アテム。どうしたんだい?ずいぶん眠ってたみたいだけど?」

「わからんが、お前の時とは勝手がちがうみたいだ。」

「そうなんだ。」

「まあ何時かなれるだろう…ん?」

ふとテレビが俺の目に入りその内容に気を取られる。

「カード窃盗団・・・?」

「ああ、最近なんか流行ってるみたいなんだ。」

「まさかグールズがまた…?」

「いや、それはないよ。君が帰ったあともしばらく残党が燻ってたみたいだけど、すぐにおさまったし。それも20年以上前の話だしね。」

「そうか…。」

「ちょっとー!父さーん!瀬奈ー!まだー!ご飯冷えちゃうよー!」

「すぐいくよ!…とりあえず朝ごはん食べようか、アテム。」

「そう…だな。」

気にならないと言えば嘘になるが…

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「よし、着いた。」

「やっぱりバイクは速いね、なんで昨日は使わなかったのさ?」

「…なんとなく。」

「そんなに根にもたなくてもいいじゃん。」

なにかあったのか?

「別に。」

「もう!『別に』って最近そればっかじゃん!」

「今のは遊馬にいったんじゃない。ややこしくなるから今は話しかけるな、アテム。」

仕方ない。

「まあいいけどさ、ってもうあんまり時間ないよ、急がなきゃ。」

「…」

ん?なにやら瀬奈が嫌そうな顔をしている。

どうした?

「…別に。」

「まあ昨日のことがあるからってことは判るけど、急がなきゃ遅刻しちゃうよー。」

心なしか遊馬は楽しそうだが…。

何かあったのか?

瀬奈は深く溜息をつき

「別に。」

本当にそればっかりだな、瀬奈。

「…うるさい。」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「おはよ-。」

「アブソルートZEROでアクア・ネオスに攻撃!私の勝ち!…あっ、瀬奈、遊馬君おはよう。」

「弥生ちゃんおはよー。今日は弥生ちゃんの勝ち?」

「そうだよー。じゃあ進、今日は進がお皿洗いね。」

「くっそー!あと一歩だったのに!…おう、遊馬、瀬奈。」

こいつらは…?

「ん?ああ…遊城進と弥生の双子だ。」

「…どうしたの瀬奈?誰に話しかけてるの?大丈夫?まさかバイクで転んで頭打ったとか…?」

「…うるさいぞ、弥生。」

「何よ、人がせっかく心配してあげてるのに。」

「あー!瀬奈最近ちょっと色々あって疲れてるみたいなんだよー。」

「まあ確かに昨日のは疲れるよな。」

「確かにそうね。」

なにやら二人とも笑いを含んでいるが…。

瀬奈、なにかあったんだろう?

「別…」

瀬奈がおきまりの文句を言おうとしたがそれを強く開けられたドアの音が遮る。

「瀬奈ー!!!!!!!!!!!デュエルだー!!!!!!!!!!」

「…三沢…」

なんだあいつは?

「あいつはな…」

「三沢くんだよー、三沢空君」

瀬奈が何か言おうとするのを感じ取り、遊馬が説明してくれた。

「確か瀬奈の永遠のライバル…だっけ?」」

「違う。あいつが勝手にそう言ってるだけだ。」

「誰に説明してるの遊馬君?やっぱりバイクで…?」

「僕は大丈夫だよー。気にしないでー。」

「なにをごちゃごちゃ話している!!!!瀬奈!!!!!俺とデュエルだー!!!!!!!!!!!!!」

「うるさいぞ、昼休みに相手してやるから。」

「ふっはっは!!その時がお前の最期だ!!!首を洗って待っていろ!!!!」

開けた時同様強烈にドアが閉められた。

…なんだったんだ?

遊馬、進、弥生は爆笑している。

瀬奈はこの上ないうんざりした顔をしている。

ああ…これか。

瀬奈は深くため息をつき。

「…そうだ。」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

時は過ぎ、瀬奈は屋上で三沢と向き合っている。

「はっはっは!!!!!!!!!!!!!!逃げずによく来たな!!!!!!!!!!!!!瀬奈!!!!!!!!!!!!!!」


「わかったからさっさと終わらすぞ。」

「ふん!!!!!!!だがその余裕がいつまで続くかな!!!!!!」


小声で瀬奈が俺に言った。

「後は任せた。」

…そういうことか。

「ああ、こういうことだ。任せたぞ。」

…仕方がない。

瀬奈に変わり俺が前に出る。

「さあ、三沢!デュエルだ!」


アテムLP4000
手札5枚

三沢LP4000
手札5枚

「俺のターン!!!!ドロー!!!!!」

「俺は眠れる獅子を召喚し!!!!!!!!!!!!!ターンエンド!!!!!!!!!!!!!」



「俺のターン、ドロー。」

…何故攻撃表示なんだ…?

「キングス・ナイトを召喚、獅子に攻撃だ。」

「うわああああああああああ!!!!!」

…一体なんなんだ…こいつは…。

三沢LP4000→3100

「…ターンエンドだ。」


アテムLP4000
手札5枚
キングス・ナイト
三沢LP3800
手札5枚

「うおおおお!!!!俺のターン!!!!ドロー!!!!黙する死者発動!!!!墓地から獅子を蘇生!!!!獅子を生け贄に捧げ!!!!」

生け贄召喚…注意しなければ…

「レオ・ウィザードを召喚!!!!!」


「なん…だ…と」

なんだ…あのモンスターの威圧感は…

その時俺の脳裏に何かがフラッシュバックした。

「城之内君…君とはこんな形で戦いたくなかった・・・ベヒゴンで攻撃!…激流葬だと…俺のモンスターが全滅…だと…。」

「クリボーを増殖!なぜ攻撃表示なんだ・・」

「あまいぜ!うみうま!お前のブルーアイズは白魔族!俺のクリボーは黒魔族!よってブルーアイズは破壊されるぜ!」


なんだ…今の映像は…

「はっはっは!!どうだ!!!俺のモンスターに怖気づいたか!!!おれはカードを一枚セットしターンエンドだ!!!!」


「くっ…俺のターン!ドロー!」

「俺はキングス・ナイトを生け贄に捧げ、ブラックマジシャンガールを召喚!さらに賢者の宝石発動!デッキから!出でよ!ブラック・マジシャン!」

「ここは臆さず攻める!ブラックマジシャンでレオ・ウィザードに攻撃!黒魔導!」

「ふっはっは!リバースカードオープン!!!!!!!」


が、そのリバースカードの貫通し、レオウィザードは破壊され、更に三沢の体を貫いた。

「な…んだと…。」

リバースカードは…

「偽物のわな…だと…」

あのカードはブラフにしかならないはずだが…

「うわああああ!!!!!!!!」


三沢LP3000→1950

ああ…もうわかったから…

…ここは…

「ブラックマジシャンガールでダイレクトアタック!俺の勝ちだ!」

ブラックマジシャンガールの杖から放たれた魔力が三沢の体を貫く。


「ああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」


だからもう…わかったから…。


「なぜだ!!!!!なぜ俺は瀬奈に勝てないんだー!!!!!!!!!」


そう叫びながら三沢は走り去って行った。

「何なんだ…あいつは…。」

そう呟いたあと、三沢が走り去った入口から遊馬が顔を覗かす。

「あっ、いたいた、なんかすごい勢いで三沢君が走って行ったけど…えーと」

「アテムだ。何なんだあいつは?」

「んーと…瀬奈の永遠のライバルかな?」

瀬奈の違うという声が聴こえた。

「瀬奈は違うといってるが…」

「そう?まあ三沢君が一方的にライバル視してるだけだね。」

「そうなのか。デュエルには自信がありそうだったが…」

「うーん…僕は三沢君がデュエルで勝ってるとこみたことないかなあ。」

「ならあの自信はどこからきている?」

「ああ、それは彼のお兄さんの大地さんがプロのデュエリストなんだよ。そこからきてるんじゃないかなあ?多分ね。」

「…なるほどな。」

「あっ、でもそれで強くなれるなら…」

そう遊馬が言い終わる前にまた屋上のドアが開く。

「ああ、ここにいたのか瀬奈君、おや遊馬君も一緒か。」

「あれ?海馬君、どうしたの?」

「何!海馬だと!」

遊馬に海馬と呼ばれた男は確かに俺の知っている海馬瀬人とよく似ている…がその海馬には俺はもう出会っている…ということ…

「瀬奈君、何を言ってるんだ?確かにさっき弥生さんも頭を打ったんじゃないかと疑っていたが…。」

「最近三沢君に追い回されて瀬奈は疲れてるんだよ!気にしないで!」

俺の不用意な一言に遊馬がフォローをいれた。

「ちょっと待って海馬君。」

そして遊馬は俺の耳元でささやく。

「あのね、君の知ってる海馬瀬人さんの息子の青君だよ。」

「…なるほど。」

予想通りだ。

「どうしたんだ?瀬奈君?本当に大丈夫なのか?」

「心配無用だ。」

「そうか、なら大丈夫だろうな。」

「なにがだい?海馬君?」

「なに、三沢君と同じさ、瀬奈君とデュエルをするために来たのさ。」

なるほど、そういうことか…海馬の息子か…面白い!

「俺の方は問題ないぜ!来いよ、青!」

「ならば・・・」

「「デュエル!!」」

アテムLP4000
手札5枚

青LP4000
手札5枚

「僕の先攻!ドロー!、僕は創世者の化身を召喚し、魔法カード!手札抹殺発動!全てのプレイヤーは手札をすべて捨てその枚数分カードをドローする!」

手札抹殺だと?

「創世者の化身の効果を発動!創世者の化身を生贄に捧げることで手札から創世神を召喚する!出でよ創世神!!」

青のフィールドに神々しいモンスターが現れる。

「そして創世神の効果!手札を一枚捨て墓地からモンスターを蘇生する!効果発動、クリエイト・ライフ!墓地から蘇れ!蛇神ヴァースキ!さらに死者蘇生発動!神鳥シムルグを蘇生する!」

創世神の力と魔法の力により神の蛇と神の鳥が青のフィールドに強烈な威圧感と共に降臨する。

「僕はカードを一枚セットしターン終了だ、そしてこの時神鳥シムルグの効果!お互いのライフに1000ポイントダメージを与える、しかしフィールド上のカード1枚につき 500ポイントダメージを軽減する。よって僕のダメージは0、君のライフは1000ポイントのダメージだ!効果発動!ゴッド・トルネード!」

神鳥の羽ばたきが竜巻を生み、俺はそれに飲み込まれた、一方青はというと創世神とベヒーモスによりその竜巻はかき消される。

アテムLP4000→3000

「くっ…」

1ターン目から最上級モンスター3体だと…

だが…

「俺のターン!ドロー!」

「死者蘇生発動!墓地から蘇れ!龍破壊の剣士!バスターブレイダー!」

俺のフィールドに大剣を背負った剣士が蘇る。

「さらに!バスターブレイダーに稲妻の剣を装備する!」

バスターブレイダーATK2600→3400

ここは…後続を断つために…

「創世神に攻撃!ライトニング・ドラゴン・バスター・ブレード!」

稲妻を纏ったバスターブレイダーの剣が創世神を切り裂く。

「ほう…」

青LP4000→2900

「カードを一枚伏せ、ターンエンド!これで俺もシムルグの効果を受けないぜ!」

「瀬奈君なかなかやるね。ならば、僕のターン、ドロー。」

「まずカードヘキサチーフを発動する、これによって君のリバースカードは封じられる。」

俺のリバースカードは鎖によって縛り付けられ、その力を発揮することが出来なくなった。

「そして天よりの宝札発動!お互いの手札が6枚になるまでカードをドローする。」

最高のドローカードを青が発動したために俺と青の手札が満たされる。

「行くぞ!瀬奈君!融合を発動!!シムルグとヴァースキを融合!出でよ!神獣ククルカン!」

神の鳥と神の蛇が融合され強大な威圧感を纏った神の獣が現れる。

神獣ククルカンATK3500

「魔法カード!速攻を発動し、ククルカンでバスターブレイダーに攻撃だ!エレメンタル・バースト!」

ククルカンから放たれた様々なオーラに飲み込まれ、バスターブレイダーは粉砕された。

「バスターブレイダーが…!」

アテムLP3000→2900

「さらに…」

その時学校のチャイムが鳴り響いた。

「おや、もうすぐ昼休みは終わるみたいだね、じゃあ僕はこれで失礼させてもらうよ」

「俺との勝負はまだ終わってないぞ!青!!」

「気持ちはわかるけども、次の授業がもうすぐはじまるから続きはまた今度。じゃあ、楽しかったよ瀬奈君。」

そう言って青は帰って行った。

呆然と立ち尽くす俺に遊馬が話しかけてきた。

「どうだった?海馬君の力は?」

「…ああ。まだ解りかねるさ、勝負はついてないからな。」

「そうだよね、でも海馬君は今のM&Wの世界チャンピオンだから、実力の方は間違いないかな?」

「世界チャンピオンか…相手にとって不足はないな。」

「うーん、流石アテムってかんじかな。さて、僕らも戻ろうか。」

「そうだな。」

遊馬と共に教室に戻る途中、瀬奈に体を戻して、俺は物思いにふけっていた。

はたして俺は本当に青に勝てていたかということを…。
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

後書き

はい、まずは三沢戦を期待してくれてたみんな!














マジごめんwwww

後半のモンスターは言うまでもなくほとんどがオリカです。

色々な場所のいろいろな神様が混ざってるんで、別記事で解説でもwww

結構デリケートな部分のしちゃいけんことした気がしますwww

まあいいかwww

では、ブリュナでしたww

Re: TURN2『始まり』-完全番

>ブリュナ

オリカの面々はステータスだけでも
Wikiっぽく書くと面白いようなwww

融合後のモンスターはなんか《龍骨鬼》のような
禍々しいイラストを想像したwww

Re: Re: TURN2『始まり』-完全番



> オリカの面々はステータスだけでも
>Wikiっぽく書くと面白いようなwww

うーん…考えときますwww



> 融合後のモンスターはなんか《龍骨鬼》のような
> 禍々しいイラストを想像したwww

もっと神々しいイメージだぜ!www
うーんなんかこう…レインボーフィッシュにシムルグの顔と羽をつけたような…ぐろい!www

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.