FC2ブログ

TURN2『始まり』-4

前書き

第二章最終回・・・かな?

もう少し書こうかと思いましたが、第三章の頭に回そうかなと。


そ れ と…



1000HIT達成しました!!

これも皆様のおかげです。

なんか小説関連で企画でも・・・・

思いついたらコメント下さい。

ちょっと休み貰ったのにあんまり内容変わってないとかいうwww

んじゃ始まりまーす。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「俺はカードを一枚セットし、ターンエンドだ。」

「僕のターン、ドロー。僕は天よりの宝札を発動する。お互いに手札が6枚になるまでカードをドロー。」

最高のドローカードを青が発動したために俺と青の手札が満たされる。

「魔法石の採掘発動、手札を2枚捨て、墓地から死者蘇生を手札に戻す。そしてその死者蘇生を発動するよ。さあ!蘇れ!フェルグラントドラゴン!さらに!フェルグラントドラゴンの効果発動!このモンスターが墓地から蘇生されたとき墓地のモンスター1体を指定し、そのモンスターの星の数×200ポイント攻撃力がアップする!僕は創世神を指定、創世神のレベルは八つ星!よって1600ポイントアップ!グラント・パワー!」

青の場に強烈な威圧感を放つドラゴンが現れた、そしてそのドラゴンはその威圧感は更に増していく。

フェルグラントドラゴン ATK2800→4400

「な…攻撃力4400だと!」

「さらに!魔法カード!カードヘキサチーフ!これで君のセットされたカードは発動出来ない!」

俺のリバースカードは鎖によって縛り付けられ、その力を発揮することが出来なくなった。

「何!」

「フェルグラントドラゴンでブラック・マジシャンに攻撃!フェルグラント・ブレス!」

竜の息吹に巻き込まれ、黒魔術師は倒れた。

アテム LP2000→600

「くっ…」

「まだまだ!俺の…」

その時学校のチャイムが鳴り響いた。

「おや、もうすぐ昼休みは終わるみたいだね、じゃあ僕はこれで失礼させてもらうよ」

「俺との勝負はまだ終わってないぞ!青!!」

「気持ちはわかるけども、次の授業がもうすぐはじまるから続きはまた今度。じゃあ、楽しかったよ瀬奈君。」

そう言って青は帰って行った。

呆然と立ち尽くす俺に遊馬が話しかけてきた。

「どうだった?海馬君の力は?」

「…ああ。まだ解りかねるさ、勝負はついてないからな。」

「そうだよね、でも海馬君は今のM&Wの世界チャンピオンだから、実力の方は間違いないかな?」

「世界チャンピオンか…相手にとって不足はないな。」

「うーん、流石アテムってかんじかな。さて、僕らも戻ろうか。」

「そうだな。」

遊馬と共に教室に戻る途中、瀬奈に体を戻して、俺は物思いにふけっていた。

はたして俺は本当に青に勝てていたかということを…。
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

後書き

さて後書きですが。

バッサリ行ってみましたwww

アテムVS青は実質3ターンしかなかったとかいうwww

次回は完全番かな?

またEXもかきますww

では、ブリュナでした。

Re: TURN2『始まり』-4

あれだな
休み時間の試合がすぐ終わっちまうってのは
大学の休み時間にやってた頃に得た、
実体験からくる体感的経験からだな

しかし・・・

《フェルグラントドラゴン》www

どんだけ好きなんだよwww

Re: TURN2『始まり』-4

連投すまん
そうそう

1000Hitおめでとう!!

まぁ忙しかったとはいえ、
もう少し連載間隔が短ければ、
さらに早いタイミングで1000超えてたかも?w
でも、時間はあるし、挽回できる
これからよな!

とにかくおめでとう!
次は2000だな!

→ダムルグ

休み時間にやるとたしかに短いよね。ww

2000はそこそこに狙っていきたいですwww

フェルグラントドラゴンwwwwwうんフェルグラントドラゴンwwww

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.