FC2ブログ

TURN1『復活』-2

前書き

序盤の唐突な展開は、そういう演出です。

今回はデュエル無しなんですが、内容的にはかなり重要な方…でもないか。笑

こんなもんかな?

では、始まりです。

………………………………

「グォォォォォォ!」

「苦しんでいるのか…?」

…ならば!

「闇に捕らえられた心を解き放て、マインド・クラッシュ!」

崩れ落ちる警官。

目が覚めたらきっと元に戻ってるはずだ。

「あっ!いた!おーい!」

…俺か?

「もう!瀬奈、急に戻って『千年パズルが!』とか言って戻ってくんだもん…ってそれもしかして千年パズル?作っちゃったの?瀬奈?あれ?デュエルディスク?瀬奈デュエルしないじゃん?どうしたの?それ?」

…こいつ誰だ?

…セナ?

「…俺の名前か?」

「何言ってんの?大丈夫?瀬奈?自分の名前忘れたの?」

「ああ…そうか。ところでお前は?」

「…はぁ?大丈夫?遊馬だよ、ゆ・う・ま。」

「…そうなのか。」

「『…そうなのか。』って大丈夫?病院行く?」

…だが何処かでみたことがあるような…ん?ユウマ?

「相棒?」

「えっ?」

その時、さっきデュエルディスクが飛んできた方向から声が聞こえた。

「まさか貴様が選ばれるとはな…。」

その声が聞こえた方に顔を向けると、中年の男性が立っている、中年と言ってもそんな穏やかな印象は受けない、むしろ若者と言っても差し支えない鋭さを放っている。

「ん?あれ?…あっ!」

遊馬とかいう奴が何か驚いている。

「どうした?」

「えっ?いや、もしかして…か…海馬瀬人さんですか?」

「何!海馬だと?」

知っている名前を聞き、驚いた…が俺の知っている海馬はこんな中年じゃない、もっと若い。

「ふん?久しぶりだな、遊戯…いや、アテムと呼ぶべきか?…それともう一人は奴の息子か?」

…息子?

「何!遊戯の息子だと!」

…相棒の息子?

「何言ってんのさ、自分の親のことも忘れたの?って言うかなんで遊戯?…アテムって何さ!」

えっ…?駄目だ理解が出来ない…。

「ふん…、おい、遊戯の息子…遊馬とか言ったか?今のこいつに何を言っても無駄だ。ゆっくりこいつの話を聞いてやれ。あと、アテム、貴様にそのパズルとデュエルディスクをくれてやる。」

「あ…ああ…。」

「貴様は俺が潰す、それまでに潰されるなよ?」

「あ…ああ…。」

去っていく海馬…。

…突然の事態に状況が飲み込めずに立ち尽くす俺と遊馬…

しばらくしてやっと遊馬が口を開く。

「帰ろっか?とりあえず聞かなきゃいけないこと多いみたいだし…ねぇ、瀬奈…じゃないや、アテムだっけ?」

「…そうだな。」

……………………………… 

後書き 

アテムをテンパらせてみました。笑

現実にはそうはない展開?

俺テイストなんで。笑

実は予定より盛り上がって今回一話で終わる予定だった話が次回まで引継ぎになりました。笑

つーことで次回までデュエル無し。笑

つーかさあ、原作の頭の方の展開が急すぎて遊戯が悪くなってアテムになったようにしか見えない。笑

原作後なんで多少(多々。笑)強引になってますがご了承ください。 

そういえば最初ノーコメントで、とか書きましたが、やっぱノーコメント淋しいんでコメントください。笑

では、ブリュナでした。
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

>ブリュナ

今回は内容については
結構えぇ感じやから
なんも言うことはないかな~

ただ、書き方についてだけど
小説自体の内容と
作者のコメント的な部分は
別のところ
(コメ欄の1個目とかもしくはあとがき記事)
に書いたほうが
読む人にとって
見やすくていいかもな~と思ったよぃ

あと、

>その声が聞こえた方に顔を向けると、
>して中年の男性が立っている、
>中年と言っても
>そんな穏やかな印象は受けない、
>むしろ若者と言っても
>差し支えない鋭さを放っている。

ここの表現は結構ガンバったな~って思ったな(笑)オレは結構好きな表現かもしれない

→ダムルグ

後書きを別記事かあ、やってみるか。 

そう、そこ一番頑張った。笑

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.