わーい!

動画100再生突破しましたー!

この…

「しつこいおーいいかげんにするおー。」

あ、はーい。

「ってさ、100ってしょぼくない?」

なめんなー!千里の道も一歩からじゃー!
スポンサーサイト

トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

鼻唄

『るーららーうーちゅーうのかぜにのーるー。』


『・・・Edy、何だ今日は。いきなりロビンソンなんか歌って。』


『管理人さん、もしかしてテトさんが歌ってる奴聞いたんですか?』


『結構上手かったですよねー。本人、凄く恥ずかしがってましたけど。』


『えぇ。一度聞いてちょっとはまっちゃって。前の奴も良かったですが、これも良いかなーって。』


『・・・・・。』


『オーナー、何か不機嫌ですね。』


『・・・別になんでもない。』


『もしかして、テトさんに焼もちですか?初々しいですねー。』


『・・・真、お前今月減給な。』


『えっ!!!それは殺生ですよ、オーナー。』


『おーきなちかーらでー♪』


『・・・Edy、今度カラオケに行くぞ。』


『え?良いですよ。じゃあみんなで日取りを・・・、』


『はいはーい、まだまだ初々しく空気の読めない管理人さん。こちらは大丈夫ですから、オーナーと行って来て下さい。』


『このくらいの仕事だったら大丈夫ですので。管理人さん、オーナーをお願いしますね。』


『そうですよー。男性が女性をエスコートしないと。』


『管理人さんが動いてくれないと、こっちの給料が減っちゃうんですよー。』


『お前ら!・・・Edy、まぁそのなんだ。一緒に行かないか?』


『ではお言葉に甘えて行きましょうか。ハルもこうやって姐さんと一緒にカラオケに行けばいいのに。レコーディングとはまた違う何かがあると思うんだけどなぁ、別の意味で。』


『おーい、早くしろー。』


『あ、はーい。只今。じゃ行くかな。』

→Edy

…からおけかぁ。

「どーしたの?」

カラオケいいなあって。

「え?こないだいったお。」

あ…あれね、ボタン間違って全滅した奴ね…。

「らしいね。」

…いつか書かなきゃねえ。ww

「そうだねえ。」

あ、橘さん勝手に使いました。

「そういえばつかったねえ。」

そうですねえ。

「なんでこんなにまったりしてるの?」

あんまりかんがえてないからねえ。www

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.

FC2Ad