FC2ブログ

ちょっと前置き

「おいテト、ハルは!?」

…むにゃ。

眠っている…

おきろ!ますたー!

むにゃ…むにゃ…。

おきろ!

むにゃ!
…むにゃ。

テトの重い一撃を食らうが未だ起きない、完全に眠っているようだ。

こうなったら…

「おい、遊馬。」

「ん?何?瀬奈?ハル起きた?」

「まだだ…おい…いつものアレをハルにやってやれ。」

「アレって…ああ、アレね。いいよ。テト、どいて。」

おき…え?なにをするんだお?」

「…見ていればわかる。」

「ほら…起きて、ハル…こうなったら…」




…。

酷く不機嫌だ、まあ気持ちは判る。

…で、何?つーかさ、ああまでして無理やり起こしたってことは余程重要なんだよな?

「Edyがたおれたお!」

そういうのは橘さんに任せたらいいんじゃない?…あれ?他の皆は?

「…帰ったぞ。」

え?もう?まだネタ用意してたのに…はぁ。わかった、ちょっと電話してくる。

ハルは何処か残念そうな顔をしている…何を書く気だったんだ…。

「…まあ、これで一段落だな。」

「そうだね。」

あ、どうも…え?いやすいません、こちらこそ何かネタにする暇も無くて…

「はやくようけんをつたえろ、ますたー。」

え?ああ、いやこっちのこと…それがですね、Edyが倒れたらしくて…あ、はいこっちで…え?あ、そうですか…
わかりました。では、失礼します。…ふぅ。

「どうしたんだ?」

いや、Edyが調子悪いって聞いた橘さんが早くもこっちに向かってるってさ。

…あ、前回の座談会にコメント入ってる。…あ、そういうこと?

「うん、そういうこと。」

あれ?遊馬?アイスは?

「冷凍庫。」

あとから食べようか。

「今はそんな場合じゃないだろ…。」

いきなり何を言い出す…。

空気が読めないのは知っていたが…。

「なんかますたーよわってる?」

…駄目、頭働かない。あー…昨日無茶しすぎた。

あ、駄目かもしんない…。

「え?ちょ…ハル!?」

「ますたー!」

「…。」

何でハルまで…。

一瞬と惑ったが…あることに気付く。

「…大丈夫じゃないか?ハルだから。」

「…あ、心配しなくてもいいよね、どうせハルだし。」

「そーいえばそうだお、またつぎにはふっかつしてるお。」

…お前ら…ひでえ。

「…起きてるじゃないか。」

『おい!遊馬!瀬奈!テト!管理人は!』

そんなやり取りをしていると橘が乗り込んできた。

「あ、橘さん。Edyさんならあっちだよ。」

『ああ!わかった!』

橘はEdyのいる部屋に駆け込む。

「さてと…お粥でもつくってあげようかな?って言うか、瀬奈が作ったほうがいいんじゃないの?」

「ん?そうか?」

「ボクはいちおーますたーをみとくおー。」

俺は寝てまーす…。

「じゃ、ますたーをおふとんまでひきずっていくおー。」

あああああ。

さてと…

「…やるか、遊馬。」

「そうだね。」

あ、瀬奈。

「なんだ?」

ナレーションを橘さんにパス。

…な。

「…いいのか?」

いや、何かそういうリクエスト…と受け取った、俺は。

ハルは、真面目に言い出す、引きずられながら。

「よくわからんが…いいのか?」

…うーん…どうかわ

「おふとんにどーん。」

きゃふぅ!
…からんけど…きちんと書く以上ナレーションをつけるのが俺のやり方。

「…わかった。」




で、ちょっとまって。

「え?あっちにいかないの?」

ちょっともう別記事にしようと思って。ふざけすぎて長くなったし。

「かってにしていいとおもうけど…」

いや、実はさ、Edyのキャラって固まってないんだよね。俺的に。

「な…ともだちだろ、おまえら。」

そうだからこそむずいんでしょうが、リクに則って一応最初は書いたけど、Edy自身が書くと少し違ってくるし、どうしても本人がちらつくから無理は出来ないし。

「そーいえばさいきんよくあうけどきじのほうじゃほとんどあってないね。」

そ、いっちゃえば俺殆ど書いてないの。出てもあんまり喋らせてないしね。

「そのわりにますたーこめんとらんでもしんでるお。」

あ、そこはまた別。俺はドMだからどうなってもいいから。

「じぶんでいうか。」

うん。だってさ、何か悪い気がすんだよね、あんま勝手にしたらEdyに。

「そうなのか?」

俺的にね、後まだ橘さんも固まりきってない。

「あすかもか?」

っていうか女視点で書くのが苦手、笑顔は頑張ってみたけどね、ほら、姐さん視点の話って無いでしょ?

「うん。」

あえて書いてないってのもあるけどね、姐さんの場合は、それと橘さんは…まあ…まだそんなに出てないし。Edyが書いた話にも。

「あ、そういえばそうだね。」

でしょ。この二点が問題なんだよね…で、だ。

「ほう。どうするんだお?」

結論から言えば…俺の好き勝手にやらせてもらう。w

「な…なんか…かおが…あくにんがおになってるお…。」

…甘くしろって言ったな…Edy…後悔…するなよ…。w

「え…やだ…このますたー…こわい…。」

やるからには手は抜かないぞ…、人目に晒しても恥ずかしくない話にするぞ…読みながら心拍数上がるようなの書くぞ…ww

「ちょ…おちつくお…」

っていうかさ、もしかしてなんだけど…俺さ。

「…なんだお、いきなりもとにもどったお。」

あれだよね、これがきちんと出来たらあれだよね、夢小説ってかけるよね。

「ん?なんだお?それ?」

よくわかんないけど…あれ、漫画とかの人気キャラとオリジナルのキャラ(もしくは自分)をカップルにして…ってやつ。

「ああ、うんめいみたいなやつかお?」

あ、そうそう、あれのリクエストとかも受けれるかもね。

「ああ…そうかもしれんね。できればやめてほしいけど。」

…思っただけでしないほうがいいってのは確かだね。

「…で、あれ…かくのかお?」

…うん、覚悟しろ、Edy…ww

「…またもどったお…。」

と、言ってもね、あんまり書くこと無いから…そんなに長くはなんないかな。明日中にはうpするかな。

「ほう。」

じゃ…覚悟しとけ!Edy!
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

寝言

『た、頼む・・・。俺と飛鳥さんのカップルの成立だけは・・・、俺の手で・・・、スゥスゥ…。』

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.