FC2ブログ

TURN0,5『運命』-前編

珍しくこっからかいてまーす。

「なんで?」

意欲が沸かないから。wwこれうpしたときにこれ読んでどう思うかな?俺って思って。ww

「どーでもいいお。」

まあね、まあ自分で内容をざっくり書いとこうとおもって…あれここに書いたらネタバレか。やめとこ。

「きづくのおそいお。」

…はい。とりあえず注意点。

今回は遊戯王∞のネタバレを含んでいます。可能ならばTURN7まで読んでみてください。

まあ独立した話にするつもりなんで、こっから読んでも大丈夫にするけど。

で、二次創作に嫌悪感を覚える方は読まないほうがいいかもしれません。

「え?なにいまさら…。」

いや…今回初の原作キャラナレーションなんで…

「え?ほんぺんは?」

…そういやそうだね。wwまあ。今回はより二次色が強いので、真面目に嫌悪感を覚える方は、moreをクリックするのを止めたほうがいいと思います。携帯の人ごめんなさい。

「どういうふうにつよいの?」

いや、冷静になって内容を思い浮かべたら殆ど腐…いや、なんでもない。

「ほもけいかお?」

いや、BLじゃなくて…読めばわかる!

「よむなといったりよめといったりどっちだお?」

…可能なら読んでください。w




「…ん、ぜんぺんってついたお?」

…ああ、ちょっと途中で切ったの。

「…なんかつかれてない?」

…読みゃわかるよ。


頭に電流が走った。

…別に頭を強打したわけではない。

「…大丈夫か?」

「え…あわわわ!…す…すいません!」

エレベーターから降りようとしたら、余所見をしていたこの女が俺に突っ込んできて、エレベーターの中でこの女に俺は押し倒されているような形となった。

普段なら、一喝するところだが…

この女の顔を見た衝撃のあまり、俺は、何故か彼女を気遣う言葉を発してしまった訳だ。

…思わず同情してしまう程の醜女だった訳ではない…勿論その逆だ。

「本当にすいません!えっと…あ、眼鏡…眼鏡…。」

傍らにこの女の眼鏡が落ちている。

「…これか?」

「あ…ありがとうございます。これが無いと何も見えなくて…。」

その女は照れ隠しの笑顔を浮かべた。

俺は心臓の鼓動が早くなるのを感じる。

「ちょっと!奈々!何してんのよ…って奈々…その人…。」

この女の友人と思わしき女が顔を引きつらせている。

「…え?…あ…。」

奈々と呼ばれた女は眼鏡を掛け改めて人の顔を見て同じように顔を引きつらせた。

「し…社長…ですか?も…もしかして?」

顔を引きつらせながら奈々と呼ばれた女は言葉を搾り出した。

「…もしかしなくてもそうだ…大丈夫か?怪我は無いか?」

「あ…はい。」

「そうか、ならよかった。まあ…今後は気をつけろよ。」

「え…あ!はい!本当に申し訳ありませんでした!」

「気にするな。君、名前は?」

「あ、はい、如月奈々と申します!本日より御社でお世話になります!」

「そうか、俺は海馬瀬人、よろしくな。」

「よろしくおねがいします!では!失礼します!」

「奈々!待ってよ!何処行くの!あ、失礼します!」

奈々は何処かへ走り去っていく、そしてその後を追っていくその友人。

…。

「…如月…奈々…か。」

気付くと彼女の名前を口にしていた。

そして我に帰り、頭を振る。

何を考えている、俺には妻がいる。

「社長!大丈夫ですか!お怪我は…!」

さっきの騒ぎを見ていたらしい役員が、俺に駆け寄ってくる。

「見れば判ろう、問題は無い。」

俺は毅然とした態度で、それを一蹴する。

そして、改めてその日一日の行動を頭の中で整理する。

彼女の情報を記憶から薄め、消す為に。

…だがそれは無駄な抵抗だった。




「…全く、なんて雨だ。」

私用で外出していると、季節はずれの夕立に遭う。

「この雨では…暫く身動きが取れないな…。」

はぁ…と深くため息をつく。こんな日に限り完全に俺一人だ。

…どうしたものか…そう考えていたときに、声を掛けられる。

「…あの…社長…ですよね?」

「…ん?」

その方向へ顔を向ける。

…奈々だ。

「ああ…如月君…だったかな?」

「あ、はい…どうしたんですか?こんなとこに一人で?」

「…雨で身動きが取れないんだ。」

「って社長!びしょ濡れじゃないですか!あ、そうだ…。」

「何だ?」

自分から提案しておきながら奈々は少し考え、思い切った様子で口を開いた。

「私の家に来ませんか?すぐそこなんで、流石にそのままじゃ風邪引いちゃいますよ。」

正直その急な提案に少し戸惑う…だが確かに雨が止むまでこうしている訳にもいかない、ここは正直に甘えておくとしよう。

「…頼めるか?」

「え?ああ、いいですよ。狭いし…汚いかもしれませんけど…。」

奈々は恥ずかしそうにそう言った。

「…構わん。」




「ただいまー…って言っても誰もいませんけど。」

「…。」

奈々の家は路地裏にある小さいアパート。

部屋はお世辞にも広いとは言えないが、小奇麗に片付いた、居心地のよさそうな空間だった。

「あ、その辺に脱いどいて下さい。」

「いいのか?」

「あ、もし恥ずかしいなら言ってくださいね。そっち見ませんから。」

「心配無用だ、見られて困るような体はしていない。」

「そうですか。あ、お茶がいいですか?コーヒー…あ、切らしてます、お茶でいいですか?」

「…任せる。」

俺は服を脱ぎながらそう答えた。

「うわ…鍛えてらっしゃるんですね…。」

こちらを向き、少し顔を赤らめながら奈々はそう言う。

何だか恥ずかしくなってきた…。

「悪いが…タオルを貰えないだろうか?」

「…はっ、はっはい!すぐお持ちします!」

奈々はあわてた様子でタンスを探り出す。

「ど…どうぞ!」

「ああ、すまない。」

「えーと…あ、そうだ。お茶だった。」

奈々は慌ててキッチンへ去っていく。

「…あの…水道水で…いいですか?」

「…構わん。」

なんだ?その質問は…。

「あ…えっと…その…」

「何だ?」

やかんに水を入れながら、奈々は急に言葉を詰まらせ出した。

「い…いや、あの…私…こんな風に自分の家に男の人呼ぶの…初めてなんで…何か…緊張しちゃって。あはは。」

「…ああ、そうか…それはすまないことをしたな。」

「え!いや!私から誘ってるんで別に…」

「そうか…。」



暫しの間の沈黙が二人に流れる。

ずっと平静を装っているが、正直俺もずっと心臓が鳴り止まない。

このまま無言と言うわけにもいかない、そう思い、俺は口を開く。

「…なあ如月君。」

「え!あ!は…はい!」

慌ててこちらを向く奈々。

先ほどから奈々の全ての行動が愛おしくてたまらない自分がいるのに気付く。

このまま時が止まればいい。

そうとすら思えてくる。

「…社長?」

「…あ、なんでもない。」

「そうですか…。」

そのとき、やかんからピーっという間抜けな音が鳴り響いた。

「あ、お湯が沸きましたね。ちょっと待っててください、すぐお茶を…あっ!」

奈々は誤ってやかんに触れてしまったようだ。

「大丈夫か!?」

俺は奈々に駆け寄る。

「あ、平気です!私よくやるんで…」

奈々はこちらを向く、そして眼が合う。

「…。」

奈々は顔を赤らめ、そっぽを向く。

「あ…。あの…わ…私…この間ぶつかったときから…社長のこと…あ!いや…その…忘れて…」

顔こそ見えないが、発する言葉の愛おしさのあまり、俺は奈々を抱きしめた。

「え…あ…しゃ…社長?」

「瀬人でいい。」

「で…でも…。」

何にかを訴えるように、奈々は顔だけこちらに向ける。。

俺はその唇を奪う。

奈々は抵抗するでもなく、それを受け入れた。



「ん…はぁ…はぁ。」

唇を離すと、奈々は呼吸を荒げ瞳を潤ませている。

その艶っぽい表情が俺の中の理性を完全に崩壊させる。

この間ぶつかったときとは逆に、俺が奈々を押し倒す。

「…奈々。」

「や…止めてください…。」

言葉とは裏腹に奈々に抵抗する素振りは全く無い。

「…愛してる。」

辛うじて残っている理性で、俺は言葉を紡ぎ出す。

「そんな…そんな…駄目です…そんな顔…しないで下さい…。」

奈々も辛うじて言葉を搾り出す。

俺は奈々の眼鏡を外す。

「…こうすれば…何も見えないだろ?」

「あ…」

何かを発そうとした奈々の唇を再び奪う。先ほどより荒く、獣のように。

そこからのことはよく覚えていない。

ただ二人で愛し合った、ただ、ひたすらに。

ただ、愛し合った。
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.