FC2ブログ

遊びに行ってみた。

「…奈!…よ!」

…ん?

「…あと五分だけ…。」

寝かせてくれ…。

「起きてよ!」

「…なんだ?俺たちの出番はまだ大分先じゃないのか?」

「あ、意外にあっさり起きたね。」

「…折角の休みなんだから寝かせてくれ…何だ?一体。」

「あ、ハルがね、Edyさんのとこに遊びにいこうって。」

「…お前たちだけで行ってくれ。」

…何で俺まで。

「いや、瀬奈がいないとナレーションがいないんだよ。」

…ん?

「…最近基本無いじゃないか。」

「今回はいるから瀬奈は絶対連れて来いって、ハルが。」

…。

「遊馬がやればいいだろ?」

「知らないよ、ハルからの注文なんだから。」

…全く。

「わかった、行けばいいんだろ?」

「そういうこと!ほら!早く着替えて!」

「ああ、わかったから。」

…面倒だ。




「はーい!こちらでーす!」

…ハルが無駄にハイテンションだ。そして無駄にアチャモだ。

「…何で今回はお前かぎ括弧付いてんだ?そして何故アチャモだ?」

「いや、ほら、他所に遊びに行くなら正装で行かなきゃ、それと括弧無しって、全裸みたいなもんだよ、はずい。」

「ろしゅつきょーだからもんだいないんじゃないの?」

「え?」

「っていうかわかりにくいから取ってよ括弧。」

えー。わかったよ。

「と言うか、アチャモは正装なのか?」

え…う…うん。

何故か歯切れが悪い。

「…ほんとにそれが理由か?」

「ちがうお、さっきぼこぼこになったからだお。」

…え?

ちょ…姐さん…それ秘密…。

「べつにいつものことだお、ボクをおこそうとしてふるぼっこになっただけだお。」

…そういうことです。

…。

「別に隠さなくてもいいじゃない。」

…いや、恥ずかしいし。

「何時ものことだろ?」

…はい。

「…で、何で今回Edyの所に行こうということになったんだ?」

え?ああ、あれだよ、自分の創作したキャラクターが他人の手で動かされたときの奇妙な感覚を奴にも味わってもらおうと思ってな。

「何か根に持ってる?ハル?」

…ん?いや、別に、何かコメ欄で殺され続けてるからその腹いせとかじゃないぞ。

…根に持ってるじゃないか。

「で、いくのはいいけどEdyのきょかはおりてるの?」

「そうだよ、勝手に行ったら流石に迷惑だよ。」

あ、大丈夫、さっき電話したら橘さんがいいって。Edyは留守らしいけど。。

「…。」

管理人の許可無し…。まあいいか。

よし!行こう!

「「おー!」」

…何でこいつらは元気なんだ?


『あ!こっちです!』

眼鏡をかけた男がこっちに向け手を振っている、Edyの所の職員だろうか?

えーと…

『あ、自己紹介が遅れました、自分は橘の部下をしている相田隆と申します。』

「あー、あのたいへんそうなふくてんちょうか。」

『そうですね、まあ自分好きでやってますんで。』

相田は嫌味のない笑顔を浮かべる。

あ、すいません。自己紹介が遅れました、ハルとその愉快な仲間たちです。

…なんだそれ。

『あ、おハルさんですね、管理人さんから色々噂は…』

相田は、いきなり吹き出す。

…どういうこと?

「ほら、Edyさんのことだから色々言ってるんじゃない?」

「だろうな。」

…あいつ…ほんとにシバく…。

『ああ、すいません。では、こちらへどうぞ、オーナーがお待ちです。』

俺たちは相田の案内する後に従い、事務所らしきとこに入った。




『遅かったじゃないか、えーと、変態御一行様だったかな。』

開口一番、橘は失礼な言葉を吐きかけてくる。

「ちがうお、へんたいはますたーひとりだお。」

…酷い。

…論点がずれている。

『そうか、確か君はテトだったな。』

「そうだお。」

『で、君が遊馬。』

「うん。」

『…で、誰だったかな、お前は。そのでかいの。』

…失礼だな。

「…瀬奈だ。」

『おお、そうだった。何か女みたいな名前だと思ったんだった。』

「…よく言われる。」

ねえ!俺は!

『…なんだ、この赤いの。』

「へんたいだお。」

『…ああ、おハルさん。』

…ねえ、さっきから皆そう呼ぶけど元ネタ知らないんだけど。俺。

『管理人に聞いてくれ。』

…わかりました。

『で、お前ら何しに来た?』

…何かさっきハルが言っていたが…あれは違うな、あれはハルの私怨だ。

「…何しに来たんだ?ハル?」

え?だからEdyにもあの奇妙な…

「いや、それはお前の都合だろ?」

まあ…そうだけど…じゃ、社会見学ってことで。

『…まあいい、だが社会見学といっても、もう仕事は残ってないぞ?』

え…いや、まあ遊びに来ることに意義があるからそこはどっちでもいいけど。

「…。」

なんだそれ。

『計画性がないんだな、お前らの管理人は。』

「ああ、間違いないな。」

「そうだよ、無計画で動き回るからほんとに迷惑。」

「しんだほうがいいとおもうおー。」

…ひでえ。

『…仲がいいな。お前ら。』

何処か羨ましげな表情を橘は浮かべる。

「…そう見えるか?」

『ああ。本当に…うちの管理人ときたら…。人の気も知らないで…。』

あ、橘さん。そういえばEdyとは進展したの?

ハルが空気の読めないことを言い出した…まったく。

『ごほっ!…な…何を言い出す!』

唐突なハルの発言に、橘は咳き込み、顔を赤くする。

…え?俺何か変な事言った?

変な事しか言ってない。

「…で、じっさいどうなんだお?」

と、思ったらテトがそれに便乗した。

『な…なんで…わ…私が…。だ…大体…お前ら…年上に対する礼儀がなってないぞ!』

「え?橘さん何歳なの?」

『…聴くな。

自分から振っておいてそれはないだろ…

『少なくともお前らよりは年上だ、学生ども、特に遊馬、お前よりは絶対年上だ、お前何歳だ?小学生か?』

「…こう見えても高3だよ。」

…いつも通りの展開だな。

『な…!そ…そうか、それは…済まなかったな。』

「いいよ、もう慣れてるから…。」

遊馬は口を尖らせてる…いや、ほんとにいつものことじゃないか。

『テト、お前は?』

あ。

「え…?」

禁断に足を踏み入れたな…。

「ぼ…ぼくは…15,5さいだお。」

『はあ?小数点ってなんだ?真面目に言ってるのか?』

「ぼ…ぼくはいつだってまじめだお!」

『じゃあ真面目に答えろ、何歳だ?』

「ええ…」

『じゃあいい、瀬奈、こいつ何歳だ?』

…俺に聞くなよ。

「…俺の口からは言えないな。」

『なんだそれ…じゃあ遊馬。』

「え?僕知らない。そう言えば何歳なの?テト?」

「え…そ…それは…。」

言えないよな。

『じゃあおハルさん、何歳なんだ?』

…え?いやあ、女の子に年聞くって流石にねえ。

お、珍しくハルが空気を読んだ。

『…確かにそれもそうだな。悪かったな、テト。』

「あ、ああ、べつにいいお。」

「…珍しく気が利いてるじゃないか、ハル。」

まあな、姐さん31歳なんて言えるわけ無いだろ。ww

「…あ。」

結局か…。

「え?」

『…そうなのか。』

…。

…え?俺何か…あ。

ますたー…。

いや…ちょっと…口が…。

たちばな、ちょっとまどあけて。

『ん?これでいいか?』

橘は窓を開ける。

ちょ…な…何…いや…。

テトがハルの頭を掴む。

痛いって!離して!

テトは窓の前に立つ。

「さきにかえってろ!このぼけますたー!!!!」

テトはハルを窓の外に投げ捨てた。

ぎゃあああああああああああああああああああああああああ

『…見えなくなったな。』

「ああ。」

「…っていうかさ、テトって31歳だったの?」

「…誰にも言うなよ、言ったらハルみたいになりかねないぞ。」

「うん…。」

『…で、テト…31歳らしいが…お前…なんだ、その格好は…恥ずかしくないのか?』

うるさい、たちばな、だれかにしゃべったらますたーみたいになるお。」

『…お前みたいな年寄りに負けるつもりは無いな。』

橘は予想外の返答をする。

…何だ…この展開は…。

「…としよりじゃないお、さんじゅういちねんいきてるだけだお…。」

『そういうのを年を取ると言うんだ、知らないのか?年齢の割りに頭が弱いな。』

「なんか雰囲気悪いね。」

「…ああ」

『ちょっと…オーナー…職場で喧嘩とか…止めてくださいね…。』

相田も戸惑っているようだ。

「きめらはじぶんのとしをにでわれるんだお!」

『…お前?いきなり何を言い出す、なんだ、既に痴呆が始まったか?』

「だまるお。」

テトは手に持ったフランスパンで橘の顔面目掛け鋭く突きを放つ。

橘はそれを首を傾けることでかわした。

『そんな年寄りの攻撃当たるわけ…な。』

完璧に避けたと思われていたが、橘の頬に血の筋が一本生まれる。

「いまのはわざとかすらせただけだお。」

『…ふん、おい、誰か、絆創膏を持ってきてくれ。』

『オーナー!私が!』

『いや!私が!』

『亜美、佳奈、どっちでもいい。早くもって来てくれ。』

よく似た二人が軽く揉めていたが、橘がそれを宥めた。

『私が!』

『私が!』

…持ってくる気配すらない。

『…じゃんけんで決めてくれ、そして早くもって来てくれ。』

『『わかりました!』』

『…全く。』

「もてもてじゃないか。おんなに、Edyにはみむきもされないのに。」

『…うるさいぞ。』

テトは橘を挑発し始めた。

『や…やめてください…。』

相田は今にも泣き出しそうだ。

『オーナー!どうぞ!』

『おお、佳奈、ありがとう。』

じゃんけんの軍配は佳奈という方に上がったようだ。

『…これでよし…と…テト…お前…一度痛い目に逢わないと判らないようだな…。』

「たちばな…おまえもな。」

『や…やめてください…。オーナー、テトさん。』

相田は本当に泣きそうだ。

『相田、心配するな、ここでは闘らん、おい、テト!表へ出ろ!』

「のぞむところだお!」

そう言い、二人は外へ出て行く。

『『オーナー!応援してます!!』』

『ああ!心配するな。』

佳奈と亜美の声援に、橘は力強く答える。

「せな、ゆーま、ぼくには?」

テトはいきなりそんなことを言い出す。

「…頑張れ。」

「応援してるよ。」

「おう!」

テトも力強くそう答えた。

…。

「何かとんでもないことになったね。」

「…そうだな。」

『オーナーとんでもなく強いですよ、テトさん…無事では済みませんよ。』

相田は心配そうに言う。

「…ああ、心配は要らない、テトも十分強い…というか…人ですらない。」

「まあ人は空飛ばないよね。」

『…そう…ですか?ならいいんですが…自分等はどうしましょうか?』

確かに困った。

「…どうする?遊馬…。」

「…見学の続きかな?」




「いやあ…鳳さんに悪いことしちゃってたみたいだね、僕ら。」

「…みたいだな。まああれは全部ハルとEdyが悪いからな、俺たちに責任は無いな。」

『大変なんですよ、彼も、参加希望人数多いのに管理人さんからの無茶振りとかもあったりして。』

結局闘いが長引きそうなので、俺たちは相田の案内で、色々と見て回ることにした。

そして色々な部署を見て回り、最初の事務所に戻った。

『オーナー帰ってきました?』

『それがまだなんですよ…』

『もしオーナーにもしもの事があったら…。』

何故か殺気立った眼が俺と遊馬に向けられる。

「…え。」

「いや…僕たちは…。」

『そうですよ、あれはオーナーとテトさんが勝手に始めちゃったんだから瀬奈さんと遊馬さんに責任は無いですよ。』

『…にしても遅いですよね。』

と、亜美がいったタイミングでドアが開く。

『ただいまー。』

『『なんだ、真君か。』』

『なんだって何ですか?あ、そこで何か変なヒヨコ拾いましたよ。』

真と呼ばれた男は手に持ったひよこをこっちに見せてくる。

…ハルだ。

…は!…ここは…。

『お!このヒヨコ喋る!面白い!』

…え…誰?…っていうか…何処?…あ!瀬奈!遊馬!

「生きてたんだね。」

「…ああ。そうみたいだな。」

『あ、お客さんですか?』

『そう、管理人さんがよく遊びに行くブログの皆さんと管理人さん。』

『え?その管理人さんって何処にいるんですか?』

「…そのひよこだ。」

『…え?この変なヒヨコが管理人さんが変態って言ってた…。』

「そうだよ。」

…Edyぃぃぃい!

『ところで真君、オーナー見なかった?』

『え?ああ、オーナーなら…何か戦ってましたよ。声掛けようかと思ったんですけど近づいたら危なそうだったんでやめました。』

…え?何?何が起こってんの?あれ?姐さんは?

「…お前が原因でさっきからずっと戦ってるぞ。」

…え?俺何か言ったっけ?

「…無責任だね。」

『ちょっと見に行ってみますか?』

「…そうだな。」

俺たちは、先ほど真が入ってきたドアから外に出た。




そこは明らかに人が戦ったと思えない有様だった。

地面は抉れ、花壇と思わしきものは砕け散っている。

そして、そこにテトと橘は大の字になって寝ている。

『…やるじゃないか…テト…。』

「たちばな…おまえもな…。」

『ふん…いや、名前で呼んでくれ、飛鳥でいい。』

「あすか…、たのしかったお。」

『…私もだ。ありがとう、テト。』

そして橘とテトは固く握手をする。

…何だ、何が起こった。

「…あれだね、一度戦ったらみんな友達みたいな。」

「…なんだそれ。」

『…まあ…本人たちが満足してるみたいだから…いいんじゃないですか?』

「…だな。」

よくわからない所で成立した友情はさておき、あたりはすっかり暗くなってしまった。

…そろそろおいとましますか。

「…そうしようか。」

「…そうだな。」

姐さーん!帰ろー。

「ん?そうだね、かえろうか。」

『そうか、もう帰るか。…また闘ろうな、テト、今回は引き分けだったが次は負けないぞ。』

「うん。わかったお。やくそくだお。」

…あ。

「…なんだ?ハル。」

そう言えば結局橘さん何歳なの?

…こいつは。

『…なあ?あれ…どうする?』

橘は眉を顰め、テトへ話しかけた。

「…そうだね…フランスパンある?」

『ありますよー!』

そう言って何処からともなく亜美は現れ、何処からとも無く真新しいフランスパンを持ってきた。

「よし、せな、こっちにますたーなげるお。」

「おう。」

ちょ…やめ…

抵抗するハルを無視し、テトに向かってハルを投げつける。

「よし。ほら、あすか。」

『ん?』

テトは橘にハルを渡す。

え…何すんの…。

「おもいっきりこっちになげるおー。」

『成るほど…そういうことか。』

な…何が?

『…確かおハルさん、ドMだったよな。』

え?まあ…一応…。

認めるのか…。

『…なら問題ないか…行くぞ!テト!』

「おう!」

そう言うと、橘は大きく振りかぶり、テトに向かってハルを投げつけた。

ぎゅおおおおおおおお。

くうきよめ!このばかますたぁあああああああ!!!!!

そしてテトはパンでハルを打ち返す。

ギャアアアアアアァあああああああああああ!!!!!!!!!


ハルの断末魔が当たり一面に響き渡る。

…。

『…ところで…思い切りやってしまったが…お前らのところの管理人は…大丈夫なのか?』

今更ながら橘はハルの心配を始める。

「だいじょうぶだお、ますたーはどうせつぎのきじにはぴんぴんしてでてくるお。」

「…間違いないな。」

「そうだね。」

『…ならいいが。よし、相田、そろそろ私達も帰るか。』

『そうですね。オーナー。』

『じゃあな。テト、遊馬、瀬奈。』

「ああ。」

「今日は楽しかったよ、相田さん、橘さん。」

「ばいばいだおー。」

俺たちがそう言ったのを聴き、橘は事務所へ戻っていった。

「よし…帰ろうか、俺たちも。」

「そうだね。」

「僕おなか減ったー。」




『ん?何か降ってきた…うわ!』

ぐぇ。

『…ハル。』

ヤッホー。Edy、元気ー?

『何処から飛んできた…。』

いやー、色々あって。

『あ、そうだ、飛鳥さんに迷惑かけるなよ。』

…え?い…いきなり何だよ…。

『お前暴走しだすと何しでかすか判んないからな。いきなり遊びに行くとか。』

だ…ダイジョウブだよー。そんなむちゃしないよー。

『眼が泳いでるぞ…。』

…あ!やべ!時間だ!帰んなきゃ!

『あ、待て!…なんだったんだ…一体。』
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.