FC2ブログ

TURN7『伝説』-EX-2

…えーと途中に出てくるモンスターは…似た名前のモンスターがいますけど実はオリカです。まあ…別にどっちでもよかったんだけど。

…一応既存のテーマモンスター使ってますけど、皆バニラです。

…こんなかんじですけど。どうぞ。


「ふふふ、流石僕の息子って感じかな?僕は魔法カード、残された歯車を発動!このターン破壊されたガジェット族の枚数分、フィールドにコア・ガジェットを守備表示で召喚するよ!」

コア・ガジェット ATK/0 DEF/0

父さんのフィールドに、手足の取れたガジェットのパーツが現れる。

「さらに、コア・ガジェット二枚を生贄にささげ、出でよ!古代の機械巨人!」

何処と無く古めかしい、だけど、だからといって弱々しさはなくて、どちらかと言えば歴戦の屈強さを感じさせられる。

…っていうか。

「え!父さん!そんなカード使うの!」

「負けるわけにはいかないからね!僕はカードを二枚伏せてターンエンド!」

「父さんの奥の手ってやつ?」

「まあね。」

攻撃力は3000…まだ僕のバルキリオンの方が強い…けど、父さんのフィールドにはリバースカードが二枚…。

「うーん、僕のターン!ドロー!バルキリオンでゴーレムに攻撃だ!」

「リバースカード!突進!ゴーレムの攻撃力を700ポイントアップさせる!反撃!アルティメット・パウンド!」

「うわあ…」

遊馬LP2700→2500

「まだまだ甘いね。遊馬。」

「…別に油断してるわけじゃないんだけどね…魔法カード、マグネット・リターンを発動!このターン墓地に送られたα、β、γを復活!そして合体!マグネット・バルキリオン!カードを二枚伏せてターンエンド!」

…一応フォローはできたのかな。

「バルキリオンが蘇ったのか…やるね。」

「でしょ?」

「まあ、これ計算のうちだけどね!いくよ!僕はフィールド魔法!歯車街を発動!このカードの効果で古代の機械と名前のつくモンスターは生け贄が一体軽減される!僕は、コア・ガジェットを生贄に古代の機械巨竜を召喚!」

フィールドが機械で作られた街に変わる、そしてまた機械のモンスター…今度のはドラゴンみたいな。

「更に魔法カード!融合!ゴーレムとドラゴンを融合!古代の機械竜人!」

古代の機械竜人(アンティーク・ギア・ドラグーン)
ATK/3700 DEF/2700

二体の巨大な機械のモンスターは合体して羽と尻尾が生え、竜の頭を持つ機械の巨人になる。

「いくよ!魔法カード、速攻!ドラグーンでバルキリオンに攻撃!アルティメット・クラッシュ!」

ドラグーンは飛び上がって、バルキリオンに襲い掛かってくる。

「リバースカードオープン!融合解除!バルキリオンの合体を解除する!攻撃は回避させてもらうよ!」

ドラグーンの攻撃は、バルキリオンがバラバラになることで捕らえられず宙を切った。

「まだまだ!リバースカード!僕も融合解除を使わせてもらう!ドラグーンの融合を解除し、ゴーレムとドラゴンの二体に戻す!ゴーレムでαに!ドラゴンでγに攻撃!」

ドラグーンもまたバラバラになることで、僕の磁石の戦士に追い討ちを仕掛けてきた。

「リバースカード!パワーコネクション!僕のフィールドの磁石の戦士は3体!攻撃力が1500ポイントアップする!反撃だ!α、γ!」

αは果敢にゴーレムに切りかかったけど、刃が立たずに、ゴーレムの拳で粉砕される。

γはドラゴンに殴りかかって、ドラゴンに強烈な一撃を叩き込んだんだけど、ドラゴンのあごで噛み砕かれる。

あ、でもドラゴンも崩れた、相打ちだったみたいだ。

遊馬LP2500→2400

「僕の考えではこのターンで終わらせるつもりだったんだけどね…まあ仕方ないか。僕はカードを一枚伏せてターンエンド!さあ、遊馬のターンだよ!」
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.