FC2ブログ

TURN7『伝説』-EX-1

あ、一人になるの久々だ。ww

ってことでTURN7-EX-1話です。

サブタイトル無くなったのは…仕様です。

あ、やべ、一人落ちつかね。ww

誰か呼べばよかったなあ…

ま、いいや、次回から誰か呼ぼう、では、はっっじまるよー。



「さあ遊馬、デュエルだ。」

「うん!…って瀬奈…ここ狭くない?」

「…確かに。」

決勝の舞台…のはずだけど、ここはさっきまで戦っていたフィールドに比べると狭い。っていうかフィールドですらない…よね。

「まあ…出来なくもないけど…」

「よくぞここまでたどり着いた!」

「うお!」

「え!びっくりするなあ…。」

この声は…海馬瀬人さん…何事なの?

「貴様らにはこれからエキシビジョンを行ってもらう!」


エキシビジョン…?

「貴様らの前に二つのドアがあるだろう!そのいずれかを選べ!そしてその中にいる決闘者と闘え!」

「今更か…。」

「うん、今更だよね。」


「負けたものは即刻退場してもらう!つまり両方勝ち進めなかった場合ここでこの決闘街は終了だ!」


ええ…

「負けられないってことか…」

「厳しいなあ…。」

「さあ!選べ!まあ尻尾を巻いて帰るのも選択肢だがな…!」


うーん…

「…まあ選ばないって選択肢は無いな。」

「だね。」

「遊馬?どっちにする?」

「うーん…どっちでもいいけど…」

「…俺もだな。」

…はっきりしないなあ。

「…よし、コイントスにしよう。表なら遊馬が右、裏なら俺が右で。」

「わかったよ。」

まあどっちでも結果は変わらない気はするけど。

「…あれ?」

…多分コインがみあたらないんだろうな。

「小銭がない、遊馬、持ってるか?」

やっぱり。

「あるよー。ほら。」

僕はコインを親指で弾いて、瀬奈に投げる。

瀬奈は器用にそれを手の甲で受け取る。

「…裏だ。俺がこっちのドアだな。」

「じゃあ僕はこっちだね。」

僕と瀬奈はドアの前に立つ。

あ、そうだ。

「瀬奈!」

「何だ?」

何か激励の言葉を…

「うーん…」

そうだ、こうしよう。

「また向こうで!」

瀬奈は力強くこう答える

「ああ!」

そして僕はドアに入った。

その中は…

…あれ?

真っ暗…

「…誰かいるのー。」

思い切って声を出してみる。

「そっか…遊馬がこっちを選んだんだね。」

聞き覚えのある声が返ってきたと共に、辺りの照明が一斉に付いた。

「うわ…。」

眩しい…

「やあ、遊馬、ここまでよく来たね。」

そこにいたのは見覚えのある…っていうか毎日見ている顔。

「…父さん。」

「ってことは瀬奈は向こうか…ちょっと複雑な心境だな。僕としては。」

「…かもしれないね。」

こっちの相手が父さんってことは、きっと瀬奈の相手はあの人だ。

「ん?遊馬は知らないはずだけど?」

「うーん、色々あったんだよ、僕にも。」

「そうなんだ。まあいいや、さあ遊馬!僕とデュエルだ!」

今僕の前にいるのはいつもの玩具屋の店主の父さんじゃなくて、伝説の決闘者武藤遊戯。

今まで本気の父さんに僕は一度も勝ったことは…


無い。

でもそれが当然だと思ってた、伝説の決闘者に勝っちゃいけない、伝説に傷を付けちゃいけない、そんなことを思ってた。

でも今僕はその伝説を叩き壊さなきゃならない。

僕は…父さんに勝ちたい!…いや勝つ!

「そうだね、父さん…さあ!デュエルだ!」

「「デュエル!!」」


遊戯LP4000

遊馬LP4000

「僕の先攻!ドロー!僕はイエローガジェットを守備表示!更にカードを一枚伏せてターンエンド!」

父さんのフィールドに黄色い歯車のようなモンスターが現れる。

…あんまりよくないパターンだな…僕にとって。

「僕のターン!僕は磁石の戦士βを召喚!βでイエローガジェットに攻撃!マグネット・タックル!」

βはイエローガジェットに向かって突進していく。

「リバースカードオープン!機動砦ストロング・ホールド!βの攻撃は防がせてもらうよ!」

イエローガジェットを守るように巨大な壁…いや、モンスターが現れ、ベータの攻撃を阻んだ。

「…だよね。」

遊馬LP4000→3700

「僕はカードを一枚伏せてターンエンド!」

「ドロー…いくよ!遊馬、魔法カード、同胞の絆を発動!僕はレッドガジェット、グリーンガジェットを召喚!」

遊戯LP4000→3000

…うわあ。

「ストロング・ホールドに三体のガジェットを合体!ストロング・ホールドの攻撃力は3000になる!」

ストロング・ホールドは体にガジェットを取り込み、ロボットのような姿になる。

「…でた。父さんの必勝パターン。」

「ふふ、そうだね、さあいくよ!ストロング・ホールドでβに攻撃!スチール・ギア・クラッシュ!」

βに襲い掛かるストロングホールド…。

まあ…確かに必勝パターンなんだけど…。

「悪いけど読んでたよ、父さん!リバースカード!二重魔法!僕はこのターン父さんが発動した魔法カードを使うことができる、僕は同胞の絆を使わせてもらうよ!ライフを1000支払いデッキから磁石の戦士α、γを召喚」

僕のフィールドに三体の磁石の戦士が揃う。

「α、β、γを合体!磁石の戦士マグネット・バルキリオン!」

三体の磁石の戦士は一つになり、その力は何倍にも膨れ上がる。

「そして反撃!マグネット・セイバー!」

マグネット・バルキリオンは、ストロングホールドを迎え撃ち、その剣でストロング・ホールドを叩き切った。

遊馬LP3700→2700

遊戯LP3000→2500

「へえ、やるじゃない、遊馬。」

…必勝コンボを潰したのに…この余裕…まだまだ序の口って感じだね。流石伝説の決闘者。

「まあね、僕は瀬奈と約束したんだ、向こうで会おうって!だから絶対に負けないよ!父さん!」
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

後書き

久々普通に後書き、っていうかなんか書きたくなった。

ってことで…あ、今回のネタバレ入ってるからスペース空けとこう


















































ってことで、遊馬VS遊戯です!

対になるのは…まあお楽しみに、なんとなくわかるでしょうが。ww

遊戯のデッキは…今回こそ原作準拠…っていうか原作のアテムVS遊戯まんまじゃねーか!

…って思うので結構フリーダムに行こうと妄想中。

まあストロング・ホールドの効果が自由すぎるんですけどね。原作だとダイレクトアタック限定だったみたいだし。ww

ま!いっか!ってことで

では、ハルでした!バイバイ…

うわw久々に言った。ww

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.