FC2ブログ

簡単キャラ書き分け講座(役立つかどうかは不明)

エンコード中の暇つぶしコーナー!

説明しよう!これの時間は…

「ますたーのひまつぶしだおー。」

…はい。間違いありません。

「で、こんかいのひまつぶしは?」

簡単キャラ書き書き分け講座!です。
とりあえず姐さんなんかしゃべって。

「いきなりなんだお?」

これが姐さんバージョン。

これを遊馬バージョンにすると

「いきなり何さ?」

みたいになって、瀬奈にすると

「…何だ、行き成り。」

もしくは

「何だ、不躾に…。」

みたいになります。

「ほう。」

姐さんを書く場合、文末の「だよ」を「だお」に変えてます。

これの原因はこういうのをよくニコ動で見るって言うのがあるからです。

さらにその理由は音声合成ツールUTAUでの姐さんの音源の「よ」の発音が微妙なところから来てるんだと思います。

「へぇ。」

さらにいっちゃえばこの「ボク+だお」はあれですね、ブブチャチャですね。

「ブブチャチャってなんだお?」

え?今は知らないけど昔NHKでやってたアニメ。主人公の「ボク」の名言が「ボクはボクだお。」なんだよね。

「へぇ。」

うん、あと姐さん書くうえで漢字を使ってないのは実は結構重要です。

「え?なんでだお?」

解りにくいんですが、この「だお」をつかう上で、「だよ」を多用するの、だから「しらない」とかもあえて「知るかよ」に一旦変換して「しるかお」するの、だから実は結構姐さん男口調だったりするんだよね。

「そ…そうだったのか…。」

そ、だから柔らかさを出すために無変換+あえてカタカナでボクだったりするの。

「へぇー。」

でこの逆が遊馬。

よく読んでみると結構よくあるんですけど、幼さを出す為にあえて女口調っぽくしてたりするんだよ。

「ふーん。」

だからあえて漢字で僕にして男らしさを強調したりするですね。

「へー。」

遊馬を書く場合、軽さを強調する為に、文末に「さ」をつけたり、だよねーみたいな表現を多用したりね。

「ほう。」

で、最後に瀬奈。逆に重さを強調する為に、無闇やたらに漢字を使ってます。

あとちょっと難しい表現も。さっきの不躾とかね、ただ使い方あってるかはよくわかんない。ww

「だめじゃん。」

…はい。それと瀬奈を表現するのに重要なのは「…」この三点リーダーですね。これで微妙に間を空けてちょっと重さを出してます。

「ふーん、あ、とりあえずえんこおわりそうだお。」

あ、ほんとだ、ていうか姐さん、今回相槌ばっかじゃん。

「あいずちうったことにかんしゃするお。」

…ぶう、可愛くない。

「だまれ、うれしいんだろうがこのどえむが。」

…はい。
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.