FC2ブログ

TURN7『伝説』

折ってますけど、一応言っときます。長いです

いや、そうでもないか。ww

まあ笑顔二部作と長さはかわんねーか。

…えーと、今回はこの小説にかかわる最大のネタバレが含まれてます。

あ、まだあるけどね。最近含み多いから。ww

でも多分、今までで一番のネタバレだと思う。俺的には。

ですので、これを読む前に、読んでない方は、これ以前のお話を読むのを推奨します。

っていうかね、今回のTURN7は今回で完結です。一話だけです、故に長いんです。

…で、なんだっけ?

あ、そろそろはじめましょうか?ww

では、どうぞ!


「さあ遊馬、デュエルだ。」

「うん!…って瀬奈…ここ狭くない?」

「…確かに。」

確かにここは先ほどまでのフィールドに比べるとかなり狭い。

と言うかフィールドですらない。

「まあ…出来なくもないけど…」

「よくぞここまでたどり着いた!」

「うお!」

「え!びっくりするなあ…。」

…海馬。

「貴様らにはこれからエキシビジョンを行ってもらう!」


エキシビジョン…だと?

「貴様らの前に二つのドアがあるだろう!そのいずれかを選べ!そしてその中にいる決闘者と闘え!」

「今更か…。」

「うん、今更だよね。」

…確かに。


「負けたものは即刻退場してもらう!つまり両方勝ち進めなかった場合ここでこの決闘街は終了だ!」


「負けられないってことか…」

「厳しいなあ…。」

「さあ!選べ!まあ尻尾を巻いて帰るのも選択肢だがな…!」




「…まあ選ばないって選択肢は無いな。」

「だね。」

「遊馬?どっちにする?」

「うーん…どっちでもいいけど…」

「…俺もだな。」

はっきりしろ、お前ら。

「…よし、コイントスにしよう。表なら遊馬が右、裏なら俺が右で。」

「わかったよ。」

「…あれ?」

瀬奈は、ポケットを探っている。

…どうした?

「小銭がない、遊馬、持ってるか?」

「あるよー。ほら。」

遊馬はコインを親指で高くはじきこちらに飛ばしてきた。

瀬奈はそれを手の甲で受ける。

「…裏だ。俺がこっちのドアだな。」

「じゃあ僕はこっちだね。」

二人はドアの前に立つ。

「瀬奈!」

「何だ?」

「うーん…また向こうで!」

「ああ!」

二人は同時にドアを開きその中へ入る。

「…」

真っ暗だな。

「ああ。」

突如として周りがライトアップされる。

「うおっ…眩し…」

「貴様がこちらを選んだか…。」

「…誰だ?」

瀬奈には見えていないようだが…

俺には見えた。

…海馬だ。

「フン!貴様に用は無い!さあ、アテム…いや!遊戯を出せ!」

「…いきなりだな…あんたは…そうか、海馬瀬人…なるほど、確かにエキシビジョンだ。」

「無駄話はそこまでだ!さあ早く遊戯を出せ!」

…望むところだ!

さあ!瀬奈!変わるんだ!

「そうしてやりたい気持ちは山々なんだが…それは出来ない。」

何故だ!

「…俺がやらなきゃいけないんだ。頼む。」

…仕方ない。

「まさか貴様がやると言うのか?」

「ああ。」

「フン!器の分際で強がるか!まあいい!前座として楽しんでやろう!」

「前座かどうか…その目で確かめろ!」

「「デュエル!!」」


海馬LP4000

瀬奈LP4000

「俺の先攻!ドロー!俺は伝説の白石を守備表示で召喚!カードを一枚伏せてターンエンド!」

卵のような形をした、石ころのようなモンスターが海馬のフィールドに現れる。

弱小モンスター…らしくないな。

「俺のターン、ドロー。俺は魔法剣士ネオを召喚、そしてネオで攻撃、ホーリーソード。」

ネオの剣が魔力を纏い、石ころを真っ二つに切り裂く。

「かかったな…!伝説の白石の効果を発動!このモンスターが墓地に送られたとき、デッキから…青眼の白龍を手札に加える!」

割れた石から、光が放たれ、その中より、一枚のカードが出てきて、海馬の手札に加わる。

…ブルーアイズが…海馬の手に…

「さらにリバースカード、魂の綱を発動!ライフを1000支払い、デッキよりロードオブドラゴンを召喚!」

海馬LP4000→3000

海馬のフィールドに龍の衣裳を纏う魔動師があらわれた。

…あのモンスターは…まずい。

「俺はカードを一枚伏せターン終了。」

「俺のターン!ドロー!フフフ…!俺は魔法カードドラゴンを呼ぶ笛を発動!手札より青眼の白龍を召喚する!」

ロードオブドラゴンの吹く笛の音に導かれるように海馬のフィールドに、白く美しい龍が現れる。俺を幾度となく苦しめた海馬の象徴といって差し支えないモンスターだ。

「ブルーアイズで魔法剣士ネオに攻撃!滅びのバーストストリーム!」

ブルーアイズの口から強烈なエネルギーが放たれ、ネオを飲み込んだ。

「…!」

瀬奈LP4000→2700

「更にロードオブドラゴンでダイレクトアタック!」

「…。」

瀬奈LP2700→1500

「貴様のような素人が出しゃばるからこのような状況になるんだ!さあ今泣いて許しを請うならこのゲームをなかったことにしてやってもいいんだぞ。」

…瀬奈。

「…誰がそんなことをするか。なんだ?あんたのターンはもう終わりか?」

「…フン、俺はカードを2枚伏せ、ターンエンド。」

「俺のターン、ドロー。魔導騎士ディフェンダーを守備表示で召喚。この時ディフェンダーに魔力が一段階チャージされる。」

「リバースカード!エネミーコントローラー!ライフを1000支払いコマンド入力!左、下、C、A!」

海馬LP3000→2000

海馬のフィールドに巨大なコントローラーが現れ、海馬はそのコントローラーを操作し始める。

「このコマンドにより、お前のモンスターは絶対に攻撃をしなくてはならない!」

コントローラーから電撃のようなものが放たれ、ディフェンダーは攻撃態勢をとり始める。

「ちぃ…ディフェンダーでロードオブドラゴンに攻撃。」

「リバースカード!シフトチェンジ!ディフェンダーにはブルーアイズを攻撃してもらう!」

ディフェンダーはロードオブドラゴンに切りかかろうとする、だが、ロードオブドラゴンの姿は消え、そこにブルーアイズが現れる。

「反撃だ!ブルーアイズ!滅びのバーストストリーム!」

ディフェンダーはバーストストリームに飲み込まれる。

瀬奈LP1500→100

「くっ…ディフェンダーの効果発動。このモンスターにチャージされた魔力を消費することで魔法使い一体の破壊を無効にする。」

完全に掻き消えたかと思われたディフェンダーだったが、何とかその姿を保ち、フィールドに帰還する。

…だが、瀬奈のライフはもう風前の灯だ。

瀬奈、やはりここは俺が…

「…黙ってろ、アテム。」

だが!

「俺は負けない、遊馬と戦うためにも、俺のためにも!」

「負けないだと?たかだかその程度のライフで何が出来ると言うのだ!」

「まだ0じゃない。僅かであっても可能性があるなら、俺はそれに賭ける!」

「…フン、その意気は認めてやろう…さあどうする?貴様はそれでターンエンドか?」

「俺はカードを二枚伏せターン終了だ。」

「俺のターン、ドロー!俺はブラッドヴォルスを召喚…これで終わりだ!ブルーアイズでディフェンダーに攻撃!」

「リバースカード、攻撃の無力化。あんたのバトルフェイズはこれで終了だ。」

「生き延びたか…まあいい。お前が死にかけという事実は変わらないのだからな。俺はこれでターンエンド。」

「俺のターン…ドロー。俺はディフェンダーを守備表示に変更し…ターンエンド。」

抵抗すら出来ないまま…終わってしまうのか…瀬奈。

「俺のターン!ドロー!俺は魔法カード、天使の施しを発動!カードを三枚引き、二枚を墓地に。…貴様に見せてやろう…ブルーアイズを超えたブルーアイズの姿を!」

「…。」

な…何をしようとしているんだ…。

「俺はフィールドの三体のモンスターを生贄に…」

…三体生け贄…だと。

「…。」

「出でよ…青眼の光龍!」

海馬のフィールドに再び白い龍が現れる、だが先ほどの白い龍よりも光り輝き、見るものを威圧する。

「…。」

何かを瀬奈がつぶやく。だが俺はそれを聞き取ることが出来ない。

なんと言った?そう聴こうと思い、瀬奈の顔を見る。

すると何故か瀬奈は、不敵な笑みを浮かべている。

「…何が可笑しい!」

海馬もその表情に気付いたようだ。

「…別に。」

瀬奈の表情は元に戻り、何事もなかったかのようにそう答えた。

「…フン!青眼の光龍の攻撃力は自分の墓地に存在するモンスターの枚数一枚につき500ポイントアップする!俺の墓地にはモンスターが6体!よって3000ポイントアップ!」

青眼の光龍 ATK3000→6000

…攻撃力6000だと!

「更に魔法カード!巨龍の威圧!自分のフィールド上に八つ星以上のドラゴンがいる場合発動できる魔法カード!お前のフィールドのモンスターは全て手札に戻してもらおうか!」

ディフェンダーは光龍の威圧感に負け、手札へと戻ってしまった。

「…。」

「これで貴様を守るモンスターはもういない…バトルフェイズだ!」

「…フン。」

瀬奈が再び不敵な笑みを浮かべる。

「…何が可笑しい。」

「俺は…このときを待っていた!いくぞ、リバースカード、黒魔族のカーテン、ライフを半分支払い、デッキから黒魔族を召喚する。…出でよ、黒魔術師マハード!」

瀬奈LP100→50

瀬奈のデッキより、黒衣を纏う魔術師が現れる。

「何をするかと思えば…たかだかブラックマジシャン如きで俺の光龍を倒せると思っているのか?」

「思っているわけないだろ?更にリバースカードオープン!超融合…発動!」

「な…超融合…だと?」

「ああ!これであんたの光龍と俺のマハードを融合する!」

「だが、貴様のブラックマジシャンは闇属性、俺のブルーアイズは光属性、このままでは反作用が発生し、弱体化するのみ…そもそも光龍は神と同等の力を抵抗を持っている。そのような行為は無駄だ!」

「超融合は融合を超える融合だ。そんな常識は通用しない!」

巨大な竜巻が発生し、フィールドを飲みこむ。

「青眼の光龍と黒魔術師マハードを融合…出でよ!青眼の光魔術師(シャイニング・マジシャン・オブ・ブルーアイズ)!

そしてそれが治まった時、その中に巨大な羽根を背に生やす白衣を纏った魔術師が現れる。

青眼の光魔術師 ATK/3500 DEF/2900

「こいつの攻撃力は墓地に存在するモンスターの枚数につき500ポイントアップ、更にこのモンスターにチャージされた魔力一段階につき500ポイントアップする!現段階じゃ1000ポイントしか上がらないな。」

青眼の光魔術師 ATK/3500→4500

「さあ、あんたの切り札は俺が奪った。あんたのターンはまだ終わってないぞ?」

「ちぃ!俺は魔法カード、龍の鏡を発動!墓地に存在するブルーアイズを三体復活させ、融合する!出でよ!青眼の究極龍!」

墓地から三体のブルーアイズが蘇り、その三体が一つになり、三つ首の龍となる。

「この時光魔術師に魔力が一段回チャージされる!」

青眼の光魔術師 ATK/4500→5000

「…ちぃ!俺はカードを一枚伏せターンエンド!」

「俺のターン、ドロー。魔法カード、魔力掌握発動、光魔術師に魔力を二段階チャージする。」

青眼の光魔術師 ATK/5000→6000

「光魔術師で究極龍に攻撃。シャイニング・バースト・マジック!」

光魔術師の杖に光が集約され、究極龍を飲み込まんと放たれる。

「リバースカード!融合解除!」

「ん?あんたさっき言ったよな?光龍には神と同等の体制があると、無駄だ!」

「フン…俺が融合解除するのは貴様のモンスターではない…俺の究極龍だ!」

「な…。この時更に魔力がチャージされるぞ。」

青眼の光魔術師 ATK/6000→6500

究極龍は三つに分かれ、光魔術師の攻撃を回避する。

「…俺はカードを二枚伏せターン終了だ。」

「俺のターン!ドロー!…ちぃ。」

海馬の顔が歪む…逆転の手を引くことが出来なかったのか…?

「…このカードを使うことになるとはな…。」

「…」

…そうではないようだ。

「いくぞ!俺はフィールドのブルーアイズ三体を生贄に捧げ…太陽神ラーを召喚!!!

ブルーアイズ三体が消え去り、上空に太陽が生まれた。

「海馬!何故お前がそのカードを…!」

瀬奈を押しのけ、俺が前に出る。

「…やっとお出ましか…遊戯がな…自分は使えないなどと抜かし俺に渡してきたんだ…可能ならば奴からの施しなど受けたくなかったのだがな…。」

そう言うと海馬は呪文のようなものを唱えだす…。

「くっ…」

『…邪魔だ、引っ込んでろ。』

そう瀬奈に言われたと共に強引に入れ替わられる。

「…ったく…あれ程勝手に出てくるなと言ったのに…。」

だが…今はそんなことを言っている場合では…!

「…まあな。」

そうしている間に海馬の詠唱が終わる。

「…このとき、ラーはスフィアモードからバトルモードに変形する!」

太陽が変形し、輝く龍の姿を現す。

「ラーの攻守は生贄に捧げたモンスターの攻守の合計、よって攻撃力9000、守備力7500!」

「…。」

光魔術師を超えた…だと?

「ラーで光魔術師に攻撃!ゴッド・ブレイズ・キャノン!

「…リバースカード、魔力掌握。これで光魔術師の魔力は最大になる…。」

青眼の光魔術師 ATK/6500→7000

「それでも貴様の光魔術師の攻撃力はラーを上回ることはない!」

「…誰がこれで終わりといった?更にリバースカード、マジック・バースト。このカードの効果で光魔術師の攻撃力はチャージされた魔力一段階につきさらに400ポイントアップする、よって攻撃力は9400!反撃だ!青眼の光魔術師!メガ・シャイニング・バーストマジック!」

ラーの口から放たれた炎と光魔術師の杖から放たれた光が激突し、爆ぜる。

「くぅ!」

「ぐ!」

真っ白な光が当たりに立ち込め、あまりの激しい光に瀬奈と海馬の眼が眩む。

その光が消え去った後に、光魔術師が立っていた。

「…。」

海馬LP2000→1600


「…俺はこれでターンエンドだ。」

「これで光魔術師にチャージされた魔力は全て消滅する。俺のターン、ドロー…これで…終わりだ…光魔術師でダイレクトアタック!シャイニング・バースト・マジック!」

光が海馬を包んだ。

「…。」

海馬LP1600→0

「俺の…勝ちだ!」

「まさか前座に敗れるとはな…俺も焼きが回ったものだ…貴様にはこれをくれてやる。」

海馬は歩み寄り、瀬奈に一枚のカードを渡した。

「太陽神ラー…。」

神のカードか…。

以前はこのカードが最大の敵であったこともあったが…自分の力となればこれほど心強いものも無い。

「…敗者は去るのみ、さらばだ。」

海馬はその場から去っていく。

「…待ってくれ…海馬さん。」

瀬奈は急に海馬を呼び止める。

だが海馬はそれを聞えなかったかのように無視し、歩みを進める。

「待ってくれ…」

瀬奈はそこで一瞬言葉を濁らせ、俯く。

「…!」

意を決したように瀬奈は顔を上げ、海馬の背を見る。

「待てよ!…父さん!

な…。

瀬奈は思わず耳を疑うようなことを叫んだ。

海馬は足を止める。

「何故俺が貴様の父親なんだ?」

…確かに。

「…解らない…けど…見たんだ。」

「…狂ってるとしか思えないな。」

…確かに。

「…。」

瀬奈は再び俯き、らしくなく泣きそうな顔をしている。

…。

瀬奈のその様を見て、何故か海馬はこちらに戻ってきた。

「フン、まあいい、どちらにしろ貴様がこの決闘街を生き残れば、貴様の父親のことを教えてやる。」

泣きそうな瀬奈をなだめる様に、優しく頭に手を置き、そんなことを言う。

「…父さん。」

この距離で見比べると、確かに似ている様な気もしないでもない。

瀬奈が言うこともあながち間違っていないのかもしれない。

「さあ、行け!貴様を決勝の舞台が待っている!」

「…ああ!」

瀬奈は力強くそう答えた。

「それと…これを貴様にくれてやろう。」

「…ん?」

これは…青眼の光龍…だと。

「…いいのか?」

「ふん、俺にはこんなもの無くても青眼の白龍がある。」

「…わかった。ありがとう。」

「まあ生き残っているかは解らんが、あの遊馬とかいう奴には絶対に負けるな。貴様が俺の息子と言うなら遊戯の息子に負けるなどということはあってはならない。絶対に。」

「わかってるさ。絶対に負けない、約束する。それより…俺が青と戦うことになったらどうするんだ?」

「別にどうにもしない、もし、貴様俺の息子というのが本当なら…どちらが勝とうが俺の遺伝子が最強ということだ。」

そういい残し、海馬は去っていく。

…海馬らしいな。

「そうだな…よし、行くか。」

瀬奈は海馬が去っていった方向と逆へ向かう。

そこには入ったときのものと似たドアがある。

瀬奈はそのドアを開ける。

その向こうには、決勝の舞台に相応しいフィールドが待ち構えていた。

「…遊馬は…まだみたいだな。」

瀬奈は辺りを見回しながら言う。

ああ。…あいつが…負けたということは…。

「は?あるはず無いだろ?あいつが負けるわけ無いだろ?」

何処からそんな自信が沸いてくるのか、瀬奈は遊馬が勝ち進むことを疑ってないようだ。

いや、万が一…

「無い。」

…そうか。

これ以上言っても無駄なようだ。

そうしていると、近くのドアが開かれる。

中から出てくるのは…

「うわあ…広いなあ…。あ!瀬奈!」

「…遅かったじゃないか、遊馬。」

「あれ?もしかして心配した?」

「してない。全くな。」

「何処からそんな自信がわくのさ?まあ、嬉しいけどさ。」

遊馬は満面の笑みを浮かべる。

「…よし…やるか。」

瀬奈はまるで部屋の片付けでも始めるように軽く遊馬に話しかける。

「そうだね。」

遊馬も特別気に留めた様子も無く軽くそう答える。

二人はデュエルディスクを構えて、向き合った。

合図も無く二人は同時に言う。

「「デュエル!!!!」」
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.