FC2ブログ

ひーはー

「はい、ブリュナがスランプ突入したんで、小説更新遅延のお詫びです。」

はーい、スランプのブリュナでーす。

「…何出てきてんの?普段ならそこ瀬奈のポジションじゃない?」

瀬奈は死んだんで…出禁。

「ほんとに?」

マジです。w

「結構困るなあ。っていうか君が一番困るんじゃない?」

困ります。ww

「ならやめればいいのに…で、これからの展望としてはどうするつもりなの?」

そっこーTURN6か、気に入らないTURN5-EXを変えてTURN5-EX完全版を書くか…。

「でもさ、完全版ってコピペでしょ?ならTURN6書きながらでも出来るじゃん。」

…あまいぞ、今回の完全版はいままでと違って大幅変更…の予定…予定は未定です。

「だめじゃん。ところで何が気に入らないのさ、TURN5-EX、僕雨にぬれながらがんばったよ。」

…しいて言うならば…会話が噛み合ってないとか…デュエルがざっぱすぎるとか…最後遊馬が冷めすぎとかとか…。

「すでに強いて言うレベルは超えてるよね。」

うん。

「随分あっさり認めるんだね…さっきからEXの話ばっかりしてるけどTURN5の本編はどうなのさ?」

…あのね、6くらいまではいいけど7が酷すぎる…あと1も嫌。

「何か僕出てるとこばっかだよね、さっきから。」

気のせいです、偶然です、もしそれが原因ならこんな記事書きません。

「ならいいけど。」

うーんとね、まあ本編はいいんだけど、EXの展開如何ではTURN6の序盤の書き方が違ってくるんだよね。

「なら書けばいいじゃない。」

だからスランプなんだってば!書きたいけどかけないんだってば!文章書くの怖いんだって!

「…だってさ、このブログ一応小説メインになってるじゃん、書かない間何するのさ。」

実況復活…でしょうか?

「いや、僕に聴かれても…。」

…ちょっと頭をリフレッシュしないとクオリティ落ちるんですよ。マジで。っていうか現におちまくってんじゃん。

「落ちまくってるって元々そうでもないじゃん」

…う。

「まあ実況撮るならそれでもいいけど、僕らの出番はあんまり削らないでよね、もしかしたら話の続きを楽しみにしてくれてる人もいるかもしれないんだからさ。」

うん、そういう淡い期待を抱きながらがんばる、じゃ、ブリュナでした。バイバイ!
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.