FC2ブログ

TURN5『空虚』-EX-2

お詫び、前書きに変えて。

前回「マグネット・ヒーロー」とした部分をしっくりこないので「M-HERO」に変換したいと思います。

ってことでどーぞ。
進君のネオスと僕のバルキリオンは一つになり、最強の磁石の英雄が生まれる。

M-HERO ネオス・バルキリオン
ATK/3900 DEF/4200    


「魔法カード、速攻!ネオス・バルキリオンで吽形に攻撃!怒りの磁力剣!」

「私のデストロイヤーを吽形の盾にする。」

「そして私はリバースカード、ホーリージャベリン。貴様等のそのモンスターの攻撃力分ライフを回復する。」

吽形に切りかかろうとしたネオス・バルキリオンだったけど、阿形のダークネス・デストロイヤーが壁になって、十分なダメージを与えられない、その後いきなり現れた槍が吽形を貫き吽形のライフが回復しちゃう。

吽形LP3100→LP7000→5400

「…俺はカードを二枚伏せてターンエンド!」

「残り4。」

「私のターン、私は魔法カード、治療の神ディアン・ケトを発動。ライフを1000回復する。」

吽形LP5400→6400

「私はこれでターン終了。これで残りは3」

「僕のターン!ドロー…」

僕のドローしたカードは僕の切り札オベリスクの巨神兵。

神のカードは生贄が三体いるから…

出せない。

「僕はターンエンド。」

「残り2。」

刻々と刻まれるカウントダウン。

…時間が無い。

「私のターン!私は魔法カード、究極の選択を発動!ライフポイントを残り1まで減らし、デッキからモンスターを一枚手札に加える!私が手札に加えるのは…オベリスクの巨神兵!」

阿形LP3100→1

…え?

「ちょっと待ってよ!なんで君たちがそのカードを…。」

「いや、こいつらが使うのはコピーカードだ。」

「ふん、流石に元々私たちの仲間であっただけはある、さあ行くぞ吽形!」

「ああ、阿形。私はリバースカードを発動する、魔法カード死者蘇生!わたしは阿形のフィールドにダークネス・デストロイヤーを復活させる!」

「そして私はモンスターを三体生贄に…さあ出でよ!オベリスクの巨神兵!

「私はリバースカード、神縛りの鎖を発動!」

吽形のデュエルディスクから何本もの鎖が放たれ、上空へ消えた、そしてそこから出てくるのは僕の切り札と全く同じモンスター。三枚の神のうちの一枚、オベリスクの巨神兵。

「オベリスクで武藤遊馬にダイレクトアタック!死ね!武藤遊馬!」

神が僕に拳を振り下ろさんと天高く振り上げる…

流石にまだあきらめるわけにはいかない!

「リバ…」

「待て遊馬!」

「え?」

「リバースカード!融合解除!ネオス・バルキリオンを融合解除する!」

ネオス・バルキリオンは二つに分かれ、元のネオスとマグネット・バルキリオンの姿に戻った。

これで僕のフィールドにモンスターもモンスターがいる。でも実は僕も同じカードを使うつもりだったんだけど…。

「さらにリバースカード!アストラルバリア!ダメージは全て俺が受ける!」

「え…?何してるのさ!進君!」

「これでいいんだ!後は任せた!」

「ふん!遊城進に攻撃だ!」

僕に振り下ろされそうになった拳は向きを変え、進君に振り下ろされる。

何でこんなことを…

「ぐっ…。」

進LP3100→0

「フン!無駄死にという言葉を知らんのか!私はこれでターンエンド!」

「そうだ、死に急がなくても次が貴様らのラストターンだ。」

「…どうかな?さあ!遊馬のターンだぜ!」

「え?」

…そうか、僕にターンを回すために…。

「わかったよ!進君!僕のターン!ドロー!」

…このカードなら!

「いくよ!魔法カード、カードヘキサチーフを発動!君たちのリバースカードを全て封印する!そしてカードを二枚セット!」

「「無駄な足掻きを…」」

「無駄かどうかは結果を見ていってほしいな、リバースカード融合解除!バルキリオンの融合を解除!α、β、γに戻るよ!そしてα、β、γを生贄に捧げ…本物を見せてあげる、力を借りるよ!オベリスクの巨神兵!

僕のフィールドに阿形のフィールドにいる神と全く同じ姿をした神が現れる。

「だからどうしたと言うのだ、このまま攻撃したところで相打ち止まりだ。」

「このままならね!ここでオベリスクの効果!フィールド上のモンスターを生贄に捧げることでそのモンスターの攻撃力分攻撃力を上げる!」

「どこにそんなモンスターがいるというのだ!無駄なんだよ!」

「僕が生贄に捧げるのは進君のE・HEROネオス!」

「な!」

「いいよね?進君?」

「ああ!やってくれ!」

「オベリスクの効果発動!ソウル・エナジー・チャージ!

ネオスはオベリスクの掌に握り潰されそのエネルギーとなる。

「そしてオベリスクに攻撃!ラス・オブ・オベリスク!

対峙する僕のオベリスクと阿形のオベリスク、元々は同じモンスターだけど、ネオスの力も加わった僕のオベリスクは阿形のオベリスクを完全に打ち砕いた。

「がああああ!!!」

阿形LP1→0

「ふん!阿形がやられたといえ貴様にもう攻撃できるモンスターはいない!この勝負我々の勝利だ!」

「まだ僕のバトルフェイズは終わってない!リバースマジック!祭壇の抜け穴!生け贄召喚されたモンスターを墓地に送り、そのモンスターの生け贄に捧げられたモンスターをフィールドに復活させる!蘇れ!磁石の戦士α、β、γ!」

「その程度の下級モンスターで…」

「甘いよ!更にリバースカードオープン!パワーコネクション!フィールド上の同族モンスター一体につき攻撃力が500ポイントアップ!僕のフィールドには磁石の戦士が三体!だから攻撃力は1500ポイントアップ!」

「な…なんだと…!」

「α、β、γで一斉攻撃!マグネッツ・コンビネーション!

三体の磁石の戦士は連携し、吽形のライフを削りきった。

「馬…馬鹿な!私たちが…負けるだと!」

吽形LP6400→0

「僕たちの勝ちだ!」

「やったな!遊馬!」

「うん!」

「そんな…私達が…がぁああああ!!!!!」

「え…?」

「ど…どうした!吽形!」

「貴様ハ黙ッテイロ!」

「がああああああ!!!」

一頻り叫んで気を失う阿形。

「え…」

な…何が起こってるの。

「マタシテモ私ノ邪魔ヲスルノダナ!」

「ジャスティス…だね!」

「ソノ通リダ!」

「ジャスティス!お前…!」

「オヤオヤ、遊城進、ドウヤラ私ヲ裏切ルヨウダナ。」

「当たり前だ!誰がお前に力を貸すか!」

「フン!貴様ノヨウナ負ケ犬二用ハナイ!」

「…。」

あ、そうだ。

「ジャスティス、君は今どこにいるんだい?」

「ソレヲ聴イテドウスルツモリダ?」

「決まってるじゃない、完全に叩き潰す。それだけだよ。」

「ホウ…ソノ意気ニ免ジテオシエテヤロウ。私ハ裁判所デ君タチヲマッテイル…ダガ、タタキツブサレルノハドチラカナ?」

「…君に決まってるだろ。」

「フハハハハ!面白イ!デハマッテイルゾ!武藤遊馬!」

そういい残して、吽形は気を失う。

…待ってろよ。

「そうだ、遊馬。」

唐突に進君が僕に話しかけてきた。

「なんだい?」

「このカードを受け取ってくれ。」

そう言って進君が差し出したのはネオスのカード。

「で…でもこのカードは進君の魂がこもったカードじゃないか、受け取れないよ。」

「俺のアンティカードはこのネオスなんだ。お前に受け取ってほしい。」



「わかった。受け取るよ。」

「ああ。ネオスを使う以上絶対に負けるなよ!」

「うん、わかったよ!進君。」

でも裁判所か…結構距離があるな。

そうだ、瀬奈にも教えてあげないと。

僕は携帯を取り出し、瀬奈にかけ始める。

出るかな…。

僕の心配は無駄だったようで、案外瀬奈はすぐ電話に出た。

「遊馬か…どうした?」

「瀬奈?ジャスティスいる場所がわかったんだ!」

「なんだと!一体どこだ!」

「裁判所だってさ。」

「すぐ近くだな…わかった。」

「瀬奈、止めたって無駄だと思うけど…無茶はしないでよ。」

「わかってるさ。」

「僕もすぐ行くからね、気をつけて!」

「ああ、わかってる。じゃあな。」

そう言って、瀬奈は電話を切る…ほんとに大丈夫かな…。

…僕も急ごう!




僕が裁判所へ向かう途中に降り出した雨はだんだん勢いを増していく。

そして僕が裁判所に到着した頃には本降りになっている。

「ついてないなあ…」

それにしてもジャスティスは何処に…。

「ぐあああ!!!!」

…!

瀬奈の声だ!

僕はその声のが聞こえた方へ向かう。

その現場到着した僕の目の前に、想像を絶する世界が広がっていた。僕の目の前には、真っ黒に染まった太陽神ラー、その口は熱く燃え滾る炎を蓄え始める。

そしてその炎はその真正面にいるブラックマジシャン、そして瀬奈に向かって放たれる。

強烈な炎がブラックマジシャン、と瀬奈をほぼ同時に包んだ。

炎が消えた後には、うつ伏せに倒れた瀬奈がいた。

「瀬…奈…。」

…何が起こったの…?

「フン、馬鹿ナ奴ダ…アノママ気ヲウシナッテイレバヨカッタモノヲ…オヤ、武藤遊馬。オソカッタジャナイカ。」

「君がジャスティスなんだね…お前…瀬奈に一体何をしたんだ!」

「タダ私ハゲームデ勝ッタダケダヨ。闇ノゲームデネ!」

「闇のゲーム…?よくも瀬奈をこんな目に…!ジャスティス!僕とデュエルだ!」

僕はデュエルディスクを構える。

「私ハ無駄ナ殺生ハ好マン、私ノ目的デアッタ武藤瀬奈ノ抹殺ハ果タシタ、オマエト闘ウ理由ハ無イ。」

「うるさい!お前に無くったって僕にはあるんだ!」

「フン、ダガ、オマエモアノ様ニナルカモシレナイノダゾ、ソレデモイイノカ?」

「…」

負けるつもりなんて無い、でも瀬奈をあのまま放置しておくわけにもいかない…。

「…今回は見逃してあげるよ。」

「ハッハッハ、ソウダ、ソレデイイ…サラバダ、武藤遊馬。」

そう言い残し、去っていくジャスティス。

「…これでいいんだよね、瀬奈。」

倒れている瀬奈に声をかける…もちろん返答はなかった。

とりあえず…どうにかしないと…。

さっきから降ってる雨はやむことをせず、どんどん僕たちを濡らしていく。

倒れている瀬奈を肩に担ぎ、歩き出す。

瀬奈と僕じゃ身長が合わずに少し引きずる感じになっちゃうけど…。



進君、弥生ちゃんに飽き足らず瀬奈まで…。

「…ジャスティス、絶対に許さない。」

僕はそんなことをつぶやく。

「絶対に…絶対に!」

NEXT→TURN6『蘇生』
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.