FC2ブログ

TURN5『空虚』-5

さあ、かれこれ半年振りくらいな本格的デュエルパートです。

…まあね、意欲のあるうちにやっとかないと心が折れるんでね。w


「私の先攻!ドロー!私はダークフレームを守備表示で召喚します。そしてカードを三枚伏せてターンを終了します。」

「…ダブルコストモンスターか。」

「そうです!このカード一枚で手札のブラックマジシャンを呼び出すことが出来るのです!」

パンドラは違法なカードカットで確実に手札にブラックマジシャンを引き込んでいるはずだ…

「いくぜ!俺のターン!おれは熟練の黒魔術師を攻撃表示で召喚…」

伏せカードは確かに怖いが…

「ここは臆さず攻める!熟練の黒魔術師でダークフレームに攻撃だ!」

熟練の黒魔術師の杖から魔力が放たれ、ダークフレームに襲い掛かる、

…かに思われたが。

「リバースカード、攻撃の無力化。貴方のモンスターの攻撃は無効化させてもらいます。」

ダークフレームを守るように現れた見えない壁が熟練の黒魔術師の攻撃を防ぐ。

「…くそっ、おれは魔法カード魔力掌握を発動する。魔法カードが発動したとき熟練の黒魔術師の魔力が一段階チャージされ、更に魔力掌握の効果でもう一段階チャージする、そしてデッキから魔力掌握を手札に加える。そしてカードを二枚セット、ターンエンド!」

「私のターン、ドロー!ダークフレームを生贄に…見せてあげましょう!最上級魔術師の力を!出でよ!ブラックマジシャン!

ダークフレームが消え、そこに黒衣を纏う最上級魔術師が現れる。

数多のデュエルを俺とともに戦い抜いた相棒だが、その相棒が今俺に牙をむこうとしている。

「さらに魔法カード封魔の矢!貴方の伏せカードは封印させていただきます!」

無数の矢が俺の伏せカードを縫い付ける。

「な…!」

「いきますよ!ブラックマジシャンで熟練の黒魔術師に攻撃!黒魔導!」

熟練の黒魔術師はブラックマジシャンの魔力に飲み込まれ、跡形もなく消滅した。

「くっ…!」

アテムLP4000→3400

「はっはっは!いかがですか?私はこれでターンエンドです!さあ!貴方のターンです!」

ブラックマジシャンか…

「俺のターン!ドロー!…おれはダークエルフを守備表示で召喚する…。」

本来このモンスターは高い攻撃力が売りだが…

「おやおや!弱気ですねえ!」

「…くそ!おれはカードを一枚伏せてターンエンドだ。」

…圧倒的不利だ。

「いきますよ!私のターン!ドロー!…おやおや、これは私の勝ちですね。」

…何?

「最後の最後まで結果はわからないぜ!パンドラ!」

「ふん、強がりを…私は魔法カード千本ナイフを発動します!消えなさい!ダークエルフ!」

ブラックマジシャンから無数のナイフが放たれ、ダークエルフに襲い掛かり、ダークエルフはハリネズミのような姿になり消滅する。

「くっ…」

これで俺を守るモンスターはいなくなった。

「さらに魔法カード!黒魔術のカーテン!ライフポイントを半分支払いデッキからブラックマジシャンを召喚します!」

パンドラのフィールドに巨大なカーテンが現れ、その中より二人目の最上級魔術師が現れた。

パンドラLP4000→2000

「さあ!これで終わりです!ブラックマジシャン二体でダイレクトアタック!」

二人のブラックマジシャンがピリオドを撃たんと俺に迫る。

…だが!

「甘いぜ!パンドラ!」

「何!」

俺のフィールドに先ほどパンドラのフィールドに現れた巨大なカーテンが現れる。

アテムLP3400→1700

「昔も言ったはずだぜ!そのカードはフィールド全てに効果を及ぼすと!俺はライフを半分支払い…出でよ!黒魔術師マハード!

そのカーテンのなかよりパンドラのフィールドにいるものと同様の黒衣を纏った最上級魔術師が現れる。

「な…なんです!そのカードは!」

「俺の新たな力だ!パンドラ!」

「ふん!だが私のフィールドにいるブラックマジシャンは二体!一体を犠牲にすればよい話です!さあいきなさい!ブラックマジシャン!」

「リバースカードオープン!魔力掌握!マハードに魔力を二段階チャージする!」

「それがどうしたというのです!ブラックマジシャンの攻撃!黒魔導!」

「反撃だ、マハード!黒魔導!」

向かい合う二人の最上級魔術師、同時に動き出し、激突する。

そして激突が起こった瞬間、強烈な爆発が起こる。

「さあ!次の一撃で止めですよ!」

「…ふん、それはどうかな?」

「強がりを…何!」

爆発の煙が収まったあと、その中に立っている魔術師が一人…俺のマハードだ。

「マハードはチャージされている魔力一段階につき攻撃力が100アップするんだ!」

「おのれ…!」

パンドラLP2000→1800

「…私はカードを一枚伏せてターン終了です。」

「いくぜ!俺のターン!ドロー!魔法カード、魔力掌握発動!マハードに魔力を二段階チャージ!さらにマハードの効果発動!マハードにチャージされた魔力を三段階消費することにより、相手フィールドに存在する魔法、罠カードを全て破壊する!マジック・デストラクション!」

「なんだと!」

マハードの杖から巨大な竜巻が発生しパンドラの魔法、罠カードを全て破壊した。

「マハードでブラックマジシャンに攻撃!黒魔導!」

マハードの杖から放たれたの魔力はパンドラのブラックマジシャンを飲み込み消滅させる。

「おのれぇ…!」

パンドラLP1800→1700

「形勢逆転だ!パンドラ!」

「おのれおのれおのれぇ!私のターン!ドロー!おお、これはこれは…わたしは強欲な壷を発動させていただきます!カードを二枚引かせてもらいますよ。」

「…」

この局面でドローカードだと…。

「…天は私を見放さなかったようだ!魔法カード、死者蘇生!私は墓地よりブラックマジシャンを蘇生させる!さらに魔法カード発動、時の魔術師!」

「な…」

時の魔術師の杖の先のルーレットが回りだす。

…どうなる。

回り続けるルーレット…その針の動きが段々遅くなりはじめる。



そして針が止まる。

「あたりです!さらに魔法カード、魔法を打ち消す結界発動!時の流れから守ってあげますよ…あなたのマハードをね!」

な…

「千年の時を経てブラックマジシャンは進化するのです!さあ!その目に焼き付けなさい!黒衣の大賢者!
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.