FC2ブログ

TURN4『開戦』-EX-4

…だれかコメント下さいww


ぐあああああ!!!!

「進君!どうしたの!」

「ああああああ…」

「進君!進君!」

「…武藤遊馬!ナゼ我々ノ邪魔ヲスル!」

「進…君?」

デュエルに負けた後唐突に叫びだしたかと思えば、唐突に口調が変わった…

「私ノ名前ハジャスティス!私ノ質問二コタエロ!武藤遊馬!」

進君…じゃない。

「君が一体誰かは知らない!でも僕の友達をこんなにした奴は絶対に許さない!」

「フン、威勢ダケハイイ…ダガナ!コチラハオマエノ仲間ヲモウ一人アズカッテイル!」



「弥生ちゃん…なの?」

「ゴメイトウ、ソノ女ヲ返シテ欲ケレバコッチノ要求ヲノンデモラオウカ。」

「僕は何をすればいいの?」

「カンタンナハナシダヨ、ワタシ達ノ仲間二ナリ武藤瀬奈ヲトメルノヲテツダッテホシイノサ。」



「なんで瀬奈の邪魔をするのさ?」

「奴ハワタシノ邪魔ナノダヨ、ドウダ?カンタンナ話ダロ?」

確かに瀬奈は僕のことを疑わないかもしれない、だから僕が罠を仕掛ければ瀬奈をはめるのは簡単だろう…

けど!

「僕は兄貴を絶対に裏切らない!たとえ血が繋がって無くったって僕たちは兄弟なんだ!弥生ちゃんは僕たちがどんな手を使っても必ず救い出してみせる!」

「フン…兄弟ノ絆…カ。馬鹿馬鹿シイ!ソレハ我我二タイスル宣戦布告トシテウケトロウ!セイゼイコウカイスルガイイ!」

そう言い残し、進君は気を失ってしまう。

「進君!」

そのとき、僕たちを取り囲む殺気に気がついた。

しまった、僕今取り囲まれてたんだった…。

辺りを見回すと黒いコートの集団がその囲いを徐々に狭めている。

ここは…

「失敗したなあ…まあいいや、さあ!まとめてかかってこいよ!」

…………………………………………………………

プルルルという電子音の後に、留守番電話の案内メッセージが流れ始める。

「ああもう、何で瀬奈は電話に出ないのさ!」

取り囲んでいる男たちを一人残らずぼっこぼこにのした後、意識の戻らない進君を病院に連れて行った。

そこで、瀬奈が無事かどうか不安になってきて、電話をかけてるんだけど…

出ない!

瀬奈に限って捕まっちゃったってことは無いと思うんだけど…。

とはいえ、何が起こるかわからないからね。

気を取り直し、もう一回かけてみる。

プルルルという電子音の後…

「もしもし?」

やっと出た。その瞬間、安堵感と怒りが同時に込み上げてきた。

「瀬奈!なんで電話に出ないのさ!」

「…うるさいな。一体どうした?」

全く…

「瀬奈がはぐれるから悪いんだろ!」

「お前がはぐれたんだろうが…」

「またそんなこと言う!」

違う違う、こんなことを僕は瀬奈に伝えたいんじゃない。

「…まあいいけどさ。」

「…で、どうしたんだ。」

うーん…伝え辛い。

「ああ、いいお知らせと悪いお知らせどっちを先に聞きたい?」

「両方まとめて。」

「うーん、難しいこと言うねぇ…じゃあいい方から言うよ。進君いたよー。」

「…だから心配ないと言ったろ?」

全く!こっちの状況も知らないで…

「まあね。…で悪い方なんだけど…。」

「ああ、手短に頼む。」

こっちは伝え辛い…。

「弥生ちゃんがジャッジメントに捕まってるかもしれないんだ。」

「なんだと…。詳しく話せ。」

明らかに瀬奈の声色が変わった。電話で話すことでもないよね…。

「うーん…電話で話すのもなんだからさ、とりあえず会おうよ。」

「遊馬は今どこだ?」

「病院だよ。」

「わかった、すぐ行く。」

そういうと、瀬奈は唐突に電話を切った。

「ちょ…もう。」

まあ無事みたいだからよかったけど…



それにしても…ジャスティスは何であそこまで瀬奈を危険視するんだろう?

アテムが憑いてるって知ってる僕たちならその危険性はわかるはず。

でもそんなこと誰もが知ってることじゃない、世間的に見たら瀬奈は完璧に素人決闘者。

もしかして、まだ僕たちの知らないことが何かある?

そこまで考えて…

「まあ、いいや。」

とりあえず、瀬奈がここにつくのを待とう、これから先のことを考えるのはそれからにしよう。

そう思い、僕は病院の待合室へと向かい、待合室の椅子に腰を下ろす。

その時。

「おい!遊馬!」

あ、瀬奈だ。

…………………………………………………………

NEXT→TURN5「空虚」

スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

後書き

中途半端な終わり方をしてますが、まあ次回への布石と思ってください。

前書きにも書きましたが…

…だれかコメントを下さいww

ちょっとコメント欄が自分いっぱいで萎えそうですww

ブリュナに励ましのコメントを!!

すいません、調子乗りました。

ってことでブリュナでした。

>ブリュナ

心配しなくても読ませて貰ってるから。


まぁ、更新大変だろうけど頑張ってや。

Re: TURN4『開戦』-EX-4

うん。

頑張る。(^-^)

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.