FC2ブログ

TURN P-6 前編

サブタイトルは「激闘!オツキミ山」かな?


……………………………

「よーし!行くかー!」

十二分に睡眠がとれ、頭がすっきりした。

「…あのさ、セナ?」

「ん?どうしたオべロン?」

「いや、珍しく元気なとこ申し訳ないんだけどさ…」

「なんだ、はっきりと言え、はっきりと。」

「…オイラ眠くなってきた。」

…確かに外は星空だ。

「まあ気にするな!行くぞ!ほら!目指すはハナダシティだ!」

「ねーむーいー。」

強引にオべロンを引っ張り出しハナダに向かっていくことにした。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

「うーん、オツキミ山を抜けないとハナダにはたどりつかないかあ…。」

タウンマップを見ながら3番道路をハナダシティへ向かう途中にオツキミ山があることに気づく。

「…ん…そうだねー。」

「とりあえずオツキミ山目指すか。」

「…え…そうだねー。」

…ん?

「お前オーキド博士のとこに戻るか?」

「…うん、そうだねー。」

「…聞いてないなお前。」

「…そうだねー。」

…どうしてくれようか?

「ほら、ほんとにマサラに…ん?」

何か酷く不快な臭いがする…

何だ…何かが腐ったような臭いだが…

「どうしたの?セナ…って何か臭い!」

「わかってる…。」

何だ?この臭いのもとは…

歩いてゆくにつれ徐々に臭いは強くなっていく。

そしてその臭いの原因を俺とオべロンは見つけた。

「…セナ。」

「ああ…酷いな。」

そこに横たわる二匹の血塗れのポケモンの死骸。

二匹とも胸に大きな傷跡がある。

このポケモンは…ニドキングにニドクインか。

「誰が一体こんな…。」

その時強烈な殺気を感じた。

…くそっ、辺りが暗すぎて何も見えない。

「オべロン!気をつけろ!」

「え…何…うわぁ!」

暗闇から飛び出した何かにオべロンは弾き飛ばされた。

これは…ポケモンか。

そこで死んでいるニドキングを小さくしたようなポケモンだが…ニドランか。

「オべロン!大丈夫か?」

「うん、なんとか…セナ、あいつセナを父さんと母さんの仇とか言ってる!違うよ!セナはそんなことしない!」

あいつらを殺したのは人間ってことか…

「…駄目だ!あいつオイラの話全然聞かないよ!」

「…ああ。そうみたいだな。」

さて…どうする。

「オべロン、眠り粉であいつを眠らせろ!」

「わかった!」

オべロンは眠り粉をあたりにばら撒いた。

…が、その粉を危険と判断したか、ニドランは流れてきた粉をかわす。

そしてニドランは角をオべロンに向け、突っ込んでくる。

あの角の一撃は危ないな…

「オべロン!避けろ!…そして蔓でからめ捕れ!」

オべロンはニドランの攻撃をかわし、蔓で動きを封じた。

「そこに眠り粉!」

ニドランはしばらくもがいていたが、やがて動かなくなった。

「よし、今だ。」

モンスターボールを投げつける。

「よし、捕獲成功。」

「で、こいつどうするの?」

「うーん、話し合ってみるか。」

ニドランを呼び出す。

…相変わらず眠ってるな。

「ほら、起きろ。」

「えっ!起こすの?」

「だって起こさなきゃ話せないだろ?」

「でも…」

「まあ俺に任せろ。」

シールを剥ぎオベロンをボールに戻す。

相変わらず眠ってるニドランにシールを貼り、無理矢理に起こす。

「ほら!起きろって!」

「ん…離せ!」

暴れだした。

「ほら、話を聴けって。」

「離せ!お前等が父さんと母さんを!」

…頭に血が上ってるな。

「お前は両親が殺されるのを見たのか?」

「ああ、見たさ!姉さんも見つからない!何処へやったんだ!」

「知らないな。」

「嘘を言うな!この手を離せ!殺してやる!」

まあ…

「殺されるわけにはいかないな。」

「黙れ!」

「まあ落ち着け、信じる信じないはお前の勝手だが、お前の両親を殺したのは俺じゃない。」

「黙れ!俺は信じない!」

…まあ勝手だとは言ったが。

「だから落ち着け、殺した奴はどんな服装だったか?」

「えっ?黒い服に…あれ?」

やっと落ち着いたか…。

「な?」

「あ…ああ…」

「よし、そいつは何処へ行った?」

「…わからない。」

「何故だ?」

「そいつの連れてたポケモンに一発でやられたんだ…。」

「そうか…。」

どうするか…まあいい。

「よし、一緒に行くか、ニドラン。」

「な…なんでだ?」

「俺も正直お前の両親をこんな風にしたやつは許せない、お前も一緒に来れば両親の仇を探せる。両方に損は無いだろ?」

「い…いいのか?」

「仲間は多いに越したことはないからな。」

「…わかった。」

「よし、よろしくな。ニドラン。」

「…ああ。」

…………………………
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Re: TURN P-6 前編


どwwwんwwwだwwwけwww



ニドランが好きなんだwww
お前さんはwww
見せ場まで作るなんてwww

もういっそ番外系みたいに
主人公の相棒から既にニドランスタートでも
よかったんじゃ?w

→ダムルグ

うーん…

ピカチュウにも作ったぜ?笑

あと…

ニドランメインは迷走して更新しなくなるのがわかるから無理。笑

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.