FC2ブログ

TURN3『展開』-5

前書き

手直ししましたwww

内容はそんなに変ってない…

っていうか全然www

んじゃ始まり!
…………………………

「だーっ!負けたー!」

「惜しかったな、進。」

「うーっ!もう一回だ!アテム!」

まあ俺は問題ないんだが…

ここで了承しなかった理由は一つ…進の横で殺気を発している弥生だ。

そしてその殺気が進の後頭部へ拳とともに叩きつけられる。

「ぐぁっ…」

「あーあ。」

「…」

潰れた蛙のような声を出した進、さもいつもの事のように言い放つ遊馬、突然の事態に言葉を失う俺。

その後少しの沈黙を経て進が反撃の狼煙をあげた…

「…な…なにしやが…」

…かに思えたが進の言葉は弥生の殺気によって遮られる。

しーんー、ちゃんと順番決めたわよねぇ?

「え…あ…いや…うん、そうだったな、か…変わればいいんだろ…変われば。

「わかってるならいいのよ。さ、アテム初めるわよ!」

「…」

「アテム?どうかした?」

「あ、ああ。」

しまった、俺としたことが呆気にとられていた。

「大丈夫だよー。アテム、進君と弥生ちゃんにとってはこれが日常だから。」

「そ…そうなのか?」

「って、遊馬君!なんか私がいつもこんな感じみたいじゃない!」

「…いつもだろ。

「しーんー?なんかいったー?」

「…何も。

「さ、初めるわよ!アテム!」

…詮索はやめよう。

「いいぜ!来いよ、弥生!」

弥生 LP4000 手札5
アテムLP4000 手札5

「私の先攻、ドロー!私はフェザーマンを召喚するわ!」

弥生もE・HERO使いか…

「もしかして、今私のことE・HERO使いと思った?」

「な…」

…心を読まれたのか!

「まあ、進の後だからしかたないわね。」

…確かにそう考えればそうだな。

「私はカードを二枚セットして…ターンエンドかな。」

「俺のターン!ドロー!」

「リバースカードをオープンするわ。はたきおとし。今ドローしたカードは墓地に落ちるわ。」

「な…」

俺のジャックスナイトが…
「どうしたの?いいカードだった?」

「くっ…ならば…」

俺がカードを掴んだ瞬間…

「リバースカード、光の封札剣!そのカードを3ターン封印するわね。」

「な…」

バウまで…

しまった…俺の手札にはフェザーマンを倒せるモンスターがいない…。

「くそっ!俺はホーリーエルフを守備表示で召喚だ!」

「あれ?もしかして私のフェザーマン倒せるモンスターいないとか?」

「…」

「図星みたいね。」

「…俺はカードを一枚セットしてターンエンドだ。」
…完封されているな…

「私のターン、ドロー。うーん、流石にホーリーエルフは突破できないわね…なら、E・HEROエアーマンを召喚。そしてエアーマンの効果発動、攻撃力を半分にすることで相手プレイヤーにダイレクトアタックが可能になるわ!そしてエアーマンでダイレクトアタック!エアーブラスト!」

「くっ…」

アテムLP4000→3100

「更に魔法カード、融合発動!フェザーマンとエアーマンを融合!出でよ!E・HERO エアマスター!」

大空の覇者という名前のHEROは風を纏い降臨した。
スポンサーサイト



トラックバック

TB*URL

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Re: TURN3『展開』-5

そういや書いてなかったwww

携帯から更新するとえらいことにww

非常にミスが多いのが何ともww

だいぶ訂正しましたがwww

ミスがあったらコメントおねがーいww

ではブリュナでしたー。

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.