6月28日の俺、(大幅に脚色はしてない。ww)

「おーい、ますたー。おきろー。」

ふぇ?あ、姐さん、おはよう。

「…しょうせつかかずになにねてるんだお?」

え…あ、もう朝か。

「やるきあんのかー!」

だってねむかったんだもん!こっちだって疲れてんだよ!うぅ…

「あーもう、わかったからなくなお。ほら、しょうせつかけお。」

うん。…ねえ、ここの魔法カードの名前なんにしようか。

「じぶんでかんがえるお。」

うーん…考え付かん!

「もうかっこかりとかでいいんじゃないの?」

え?(仮)…もういいや、これにしとこう。

「ええ!ちょっとまつお!それじゃよんだひとおこるお!」

とりあえず(仮)なの、後から書き換えるってば。

「…むう。」

さてと、あ、テトテト☆ファイアーエンドレスナイトでも聴こう。

「こら、いきなりさぼるきかお?」

気分転換だってば。あ、これね↓


「すごいね、かみちょうせいだね。」

ねえ、姐さんもこんくらい歌ってよ。

「…ますたーのせいでしょ。」

まあね。よし!金魚花火いってみようか?

「え?」

ほら!これ歌って!

「こーころーにーおよぐきんぎょわー。」

うーん…なんか違う。こーころーにーおよぐきんぎょーはー

「ええ…ますたーおんち。」

うっさい!ほら!歌う!

こーころーにーおよぐきんぎょはー。
。」

え?ひでえww

「ますたーがおんちだからだお。」

うっさい!俺が一番傷つくこというな!

「っていうかしょーせつかけお。」

…そうですね。あ、もう昼じゃん。ご飯にしよう!

「まったく…。」

…………………

ごちそうさまでした!

「ほら!しょーせつかけー!」

うーん。あ、眠くなってきた。

「こら!ねるなー!」

…ZZZ

「ますたー!おきろー!」

………………………

…ふぁあ。

「…やっとおきたか。」

…あ、姐さんおはよう。

「…もうごじだお。」

え?ってやべえ!1日殆ど残ってねーし!起こしてよ!

「しるか。」

むう…まあとりあえずニコニコしようか。

「…そうだとおもった。」

すげえ!このドラゴンボールのゲーム動画すげえよ!

「えぇ…おお!すごい!」

………………………

いやあ、ニコニコはんぱねーな。

「…ますたー。もうしちじだお。」

…げ。www

「いーかげんまじめにかけお。」

…そうっすね。

「…」



「…」

いいことずくめのゆめからさめた、私の脳内環境は…

「…なにうたってるんだお。」

いや、ニコニコ…

「さぼんな。」

…はい。



「…」



「…」



「…またにこにこしてるんじゃないの?」

話し掛けないで、集中してるから。

「ちょーしにのるな。」

…ごめんなさい。

……………………

書き終えた!

「おお、おつかれ。」

あ、(仮)そのままだ。…うーん。まあこんなんでいいや。…残された歯車…と。

「てぬきだおー。」

…てへ。

「まったく…」

さてと…もうひとニコニコしましょうか。

「そうだね!なにみるの?」

えーとね、これ!↓


神調声…www

「…すごいね。」

…がんばろうね。

「うん。」

さーて、うたうかあ。w

「なにを?」

え?あれ、さっきの。

「な…なんでますたーが。」

ほら俺歌うの好きじゃん。

「いや、それはしってるけど…」

これでいつか歌ってみたあげるんだ!

「うーん、かってにすればいいとおもうお。」

勝手にします!

「はいはーい。じゃ、ぼくはねるおー。」

おやすみー!

「はーい。」




せつなのほむら

「…ますたー?」

…ん?なに?

「うるさい。」

ごめんなさい。
スポンサーサイト

TURN7『伝説』-EX-2

…えーと途中に出てくるモンスターは…似た名前のモンスターがいますけど実はオリカです。まあ…別にどっちでもよかったんだけど。

…一応既存のテーマモンスター使ってますけど、皆バニラです。

…こんなかんじですけど。どうぞ。


趣味…なのか

…な…ここは…

あれ?縛られてる。

「おお、おきたかますたー。」

姐さん…?なにこのぎざぎざ石畳、めっちゃ脛いたいんだけど。

「じぶんのむねにきけー。」

え?…語尾息でエロくしようとしたこと?

「それはひゃっぽゆずってゆるしてやろう。」

うーん?あ、あれ?ちょっとこの先のネタバレになるから自重したかったあれ?

「なんのことだお?」

あ、そだ、姐さんにも秘密だった。

「きになるお…。」

ちょっと時間がいるからちょっと無理。

「まあいい。おもいだせないの?」

…うん。

「しょーせつ。」

げ。

「いちわあげてひさしくこうしんしてないおー。」

ええええーとおとっととおしょしょしょしょしょうせせつわああああ・・・。

「なにいってるかわかんないお。」

えーと、小説は…ほら、最近なんやかんやいそがしいじゃん。

「いーわけだお、いったいなにをしてるんだお。」

え、いや、ほら、姐さんとここで書けないような…ひい!な…殴らないで…!

「ひわいだお、もっとべつのいいかたがあるでしょ。」

えーとはい、UTAU触ってたら時間がなくなったり…あ、だからUTAU触ってる内容なんて書いてわかるわけないっていうか書けないって意味でここで書けないってことね。ワールドカップみてたせいで終始眠かったり。

「かけお。」

…はい。ならこの縄を解いてください。

「てはほどいてあげよう。」

え?ちょ、このぎざぎざ石畳痛いんだって。

「はんせいしてそこにせいざしてなさい。」

ええええ!ちょっと!え!ちょっと、いや!PCないとかけないって!

「これでかけ。」

え?いや…携帯…無理!絶対無理!ミスったときのリカバー以外メリットほぼ無いって!

「うるさいお。」

いや!せめてPCをください!

「だまれおー、じゃボクはかえるおー。」

待ってー!姐さん!待ってー!!!!!!!!!!!!


バタン。

あ、ほんきでかえりやがった・・・。



くっそ…三十路が。

「なんかいったかー!っていうかしねー!

うわああああああ!
ごめんなさいごめんなさい!ぎゃああああああああああああああ!!!!




…って感じでやって欲しいんだけど。

「…いや、しょーせつをかくもちべーしょんあげるのになんでごうもんなんだお?」

え?だめ?

「だめってゆーか…いや。」

ぶー。なんでー。

「ますたーのへんたいしゅみについていけないお。」

ええ…仕方ないから自分でモチベーションあげるか…。はい!姐さん!お願い!

「ええ…もう…しかたないなあ。ますたー、がんばれ。」

うっす!じゃ!書いてくる!

「ねるなおー…あ、ますたーのもうそうにつきあわせてもうしわけないお。たぶんかきはじめるとおもうお。」

あ!姐さん!おおーげさなえぴそーどの「えぴ」の部分もう一回歌ってー!

「かくきあるのかお?しょーせつ…。」

…え?w

なんかちょっと報告的なこと、(ほぼダムルグ専用、ただ他の人にも楽しんでいただけるように、内容は過激になってます。)

姐さん!これはい!さあのめ!

「うぇえええええ!なにするんだお!このばかますたー!」

はい!うたうー!

「え?♪ー。あ!うまくなったきがする!」

よっしゃ!

「なにしたんだお?」

え?いや、ニコニコ動画で拾ったUSTファイルを読み込んでみただけ。

「…ますたーじたいはせいちょうしてないんだね。」

…はい。

「でもすごいね、こんなかみちょうせいをさらすとか。」

ねえ!すごいよね!これで俺のレベルアップで姐さんをエロく…

「なんて?」

え…いや、そんな凶器を突きつけて…何を…いや、久々で嬉しいけど…

「…ならのぞみどおりにしてあげよう。」

え!いや…冷静に…だからパンギヌスは…あ、久々…イヤッホーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

「…あいかわらずただのへんたいだね…っていうかもしかしてぱわーあっぷした?で、こんかいのかいせつとしては…だいたいかいたね。」

いや!まだ!

「ふっかつはやすぎだお。」

ただいま!えっとね、最近姐さんのエクストラ音源っていうのを落としたんだけどつかいかたがよくわかんなかったから、それを調べてたらUSTファイル(つまりUTAUを歌わせるデータ)を見つけたってだけ!因みに姐さん!歌った曲名は!?

「え…えっとね、ぱんつぬげるもん…なにいわせるんじゃこのえろますたー!

ギャアアアアアアァ!


「はぁ…はぁ…えっとね…ますたー、ぱす。」

…はぁう、こ…これを…お…お手本に…しながら…姐さんを…エロ…く。

「はぁ…は?」

いや…姐さんに…歌を上手くなってもらいたいとおもいます。

「それでいいお。」

時事ネタ+ちょっとずれた時事ネタ。

日本勝ったぞー!

「やったおー!」

さあ、仕事じゃー!

「がんばれー!」

眠いぞー!

「しるかー!」

ですよねー!

「そうだおー!」

長友神!本田やばいぞー!

「しゅんすけー!」

え?

「きにするなおー!」

え?ええと…おー!

「でなにがしたいんだおー!」

えっとねー!これが貼りたかったんだぞー!



「はやぶさかあ。ちょっとまえのはなしだね。」

そうなんだけどね、結構感動したのとこのMADに使われてる曲がスピッツの中で俺が一番好きな曲なんだよね。

「なるほど。」

まあ、事業仕分けなんかに負けずに頑張って欲しいよね。

「そうだねー。うちゅーにはゆめがあるからねー。」

だね!さて、ワールドカップにしても、宇宙への夢にしても…

「「頑張れ!日本!」」

あ、そーだ。

あ、そーだ。

「どーしたますたーおなじことにかいもいって。」

えっとね、ちょっと折っとこう。

TURN7『伝説』-EX-1

あ、一人になるの久々だ。ww

ってことでTURN7-EX-1話です。

サブタイトル無くなったのは…仕様です。

あ、やべ、一人落ちつかね。ww

誰か呼べばよかったなあ…

ま、いいや、次回から誰か呼ぼう、では、はっっじまるよー。

ひとやすみ。

うあー。

「…お前どこから出てきた。」

いやー。死ぬかと思った。

「いつもの事だろ。」

…いやあ、最近予想以上にダメージ受けてて、割と平和だったコメント欄でも死んでるしなあ。

「基本空白だったろ。」

うわあああああああん!瀬奈の馬鹿ー!

「おい、待て…何がしたかったんだ?」




ぐすん。

「あれ?ハル?どこいってたのさ?」

…遊馬?何かあったっけ?

「打ち合わせって言ってたじゃん。」

ああ、そう言えばそんなこといったっけ…うーんまた今度。

「はいはい。」

じゃあな。

「ばいばーい。」




あ!オベローン!

「…誰?」

あ、そうか。変身!

「あ!ハル!」

やっほー。

「最近救助はどうなってるの?」

…ああ、いかなきゃね。

「もう!リーダーなんだからしっかりしてよ!」

ごめーん。でさ、オベロン一人で何してんの?

「え?セナに頼まれてお使い。卵買ってきた。」

…え?買い物なんて出来るの?

「最初はセナといっしょだったんだけど、最近は1人でいけるようになったんだ。」

驚かない?店の人とか。

「みんな慣れたみたい。」

適応能力って凄いな…。

「あ、ぼくもう帰るね、セナがケーキ造るって言ってたから。」

ケーキ…意外に本格的だな…まあいっか。ばいばーい。

「ばいばーい。」

…俺も帰るかな。

「ぐるるるるるる…」


…野良…犬…い…な…何か目が…獲物を狙う目…俺は食べてもおいしくないぞ!…あ、いまひよこ…って落ち着いてる場合じゃない!

「がう!」


おのれ!ただのひよこ出ないところをみせてやる!くらえ!火の粉!

「きゃうん!」

ざまあ!よし帰ろう!

あおーん!

遠吠え?ん?地鳴りが…

「ガウ!」「ワン!」

…仲間を呼んだ…だと…いや、ちょっと待て…いや…いやああああ!!!




はあ…はあ…何とか…逃げ切れた…。

…やばい…ただでさえ苦手なのに…アチャモだと…犬が…通常の三倍…。

っていうか…アチャモだと…家…遠い…。

疲れた…あ、腹減った…

あ、目が回ってきた…

あ、無理。

むぎゅう。




…あれ?

どこだろ?ここ…

あ、俺の家だ。

「お、おきたか。」

あれ?姐さん?

「いきだおれるとか…なにしてたの?」

えっとね、しばかれて、いきかえって、冷たくされて、話して思い出して、驚いて感心して…犬に襲われて、撃退したら仲間呼ばれて、逃げたら腹へって気づいたら今ここ。

「だいぼうけんだね、よくわかんないけど。」

まあね。

「それにしても…しななかったんだね、ざんねんだお。」

しぶといのがとりえだから。ww

「まあいいお、ゆっくりやすめお、ますたーがいないとみんなこまるんだからね。」

…さっき殺そうとした人とは思えない発言だね。

「…そういうこというかお?」

あはは。だけどうれしいよ、ありがとう。

「もう。」

ピンポーン

誰か来た。行かなきゃ。

「ぼくがいくおー。あちゃものまんまでいくきかお?」

…お願いします。あ、折角なら抱えて持っていって。

「ええ…まあいいお。とりあえず…しゃべるなお。」

わかってまーす。

「よいしょ。」

おお!姐さんに抱っこしてもらった!

「…すてるお。」

ごめんなさいもうはしゃぎません。

「まったくもう。はーい、だれだおー。」

反省会+告知



遊馬!瀬奈!にがすかぁ!

「お、あっさり生き返ったぞ。」

「む、ならもういっかいとどめを…」

ちょっとまって!ちょっと予想外の展開だったんで…えーと…あれ?Edyは?

「帰ったぞ。」

…あいつめ…えっと…はい、Edyにも喜んで貰えたみたいでなによりですね。

「みたいだね、っていうか僕と瀬奈のかっこが元に戻ってるね。」

え?いや、その辺は口調の書き分けで何とかするのが俺のジャスティス。

「意味が解らん…」

「いみふだおー。」

…気にすんなって。別に色々あって覚え切れなかったわけじゃないんだからね!

「何でもいいけどさ、何でいきなり生き返ったの?」

あ、そんなに揃わないメンバーが揃ったんでちょっと予告だ。

「そのへんはますたーのさじかげんだとおもうお。」

「確かに。」

「だね。」

…まあそうだけど。えっとね、次回のTURN7は…





「…長いぞ。」



「まだ溜めるの?」




「いいかげんにしないとたたくおー。」





「あ、たたいてほしいのもしかして。」





「とう!」

ぐぇ!…あれ?なんだっけ?

「…テト。」

「もう一回いっていいよ。」

「いわれなくてもそうするお。とう!」

・・・リクエストにお答えしたいとか思ったり。

えーと元ネタはこれのコメ欄、ちょっと記事お借りします。っていってもコメ欄の続きを…みたいなね。

友達のEdyのリクにお答えしたいと思います…正直コメントの返信貰った時に書きたくなったけど書かなかったのは秘密、まあ内容は書きながら考えたけど。ww

まあ…ね、まあ今回は実験要素なんで…本格的なのは…また後日ってことで。

あと「」は姐さん、『』はEdy、で、無いのが俺、ナレーションは無い方向でいいや。

「ますたー、だれとはなしてるんだおー?」

え?あいや、気にしないでー。はい、ってことでやってみたいと思いまーす。

第984回「あなたの叫びを聞かせて下さい!」

「遊馬でーす。えっとね、今回の記事は一個前の記事から繋がってるから、前のから読んでってハルが言ってた。」

気分転換にでも。

はい、どうも!ハルです!

「テトだおー。ってなにいきなりあらたまって、どうしたますたー。」

ブログタイトル変更しました!いえい!

「いや、いえいって…いたいお。」

いいの!どMだから!痛いのは幸せなんだZE!

(たたきすぎたかな…なにかにめざめさせてしまったお…)

ってことで新タイトル!

ハルの脳内ブログ


です!

「…へん。」

きにすんなって!

「これじゃなんのぶろぐかわからんお?」

俺もわかってないから大丈夫!

「ますたーいちおうかんりにんだお。かんりできてないお?」

え…きにすんなって!

「ていうか、たいとるかえるいみあったのかお?」

…え?いや、なんか最近タイトル嘘吐きになってるかな?って思って、あとこの間までのタイトル厨二すぎ。ww

「たしかにただでさえすくないおきゃくさまのほとんどがつりにあってるひとだったからね。かわいそすぎだお。」

…そこまでいっちゃう?

「しかたないお、げんじつだもん。」

で…ですよねー。

「で、ていへんぶろぐのかんりにんさん、このたいとるのしんいは?」

ひでえwwえーっとね、基本的にうちのブログって俺の妄想で構成されてるんだよね。最近特に。

「そこがいようだお、きもちわるいお。」

だからひでえwwだからもうおもいきってストレートにそれをタイトルにしてしまおう!ってこと。

「ふーん、ねえますたー、ゆうきゅうつかっていい?」

へ?有給?なんで?

「とおくにいきたい…。」

ちょwwどこいくの姐さん。ww

「わかんない、ここではないどこかだお…。」

ちょwwwまってww一人にしないでwww

「…ほら、せなとゆーまがいるお。」

そういう問題じゃないってwwちょwwどこいくのww

「ばいばーい。」

いや!待って!姐さん!

いやああああああああああああああ!!!!!

555だよ!



ニコニコを旅してたら見つけたー!ほんとは別の探してたんだけどね!

「…どんなどうがかまったくわかんないんだけど。」

555!555だよ!

「ごーごーごー?まっは?」

ファイズって読むの!全く姐さん何歳なの…あ、さんじゅうい…

「…しぬ?」

…いやあ…おことわり…いや、それもいいかも…。

「ならばおのぞみどおりにしてあげよう。」

え…ちょ…

ハルの脳天に強烈な一撃が叩き込まれた。

「…まったく、ほんとうにばかだな。…えっと…ちょっとますたー、いきかえれお。」

…あ、はい。

「…でこれなに?」

仮面ライダー555をMMDでやってみたって奴です。555役は姐さんだよね。

「ボクかもしれないけどボクがやったわけじゃないお。」

…え?なにそれ?

「よそのボクがやったやつだお、ますたーのボクは、まだろびんそんしかうたってないでしょ。」

まあ…あとブログのアシスタントもお願いしてるけど…

「そんだけだお。」

あ、そう。まあこの動画を貼った理由は俺が単純に555好きで、更に555役が姐さんだったんで…これははるしかねえ!ってなったわけですよ!

「ふーん、でもボクはかめんらいだーっていえばあーるえっくすいこうあんまりしらないお。」

RXって…俺あんまり覚えてない…姐さん何歳…あ。

再びハルの脳天にパンが振り下ろされた。

「おなじねたはにかいつかったらだめだお…。わざとか、このどえむが。」

多分生きているんだろうが、現状ピクリとも動かないハルにテトは捨て台詞を吐く。

「あ、せな、なれーしょんおつかれ。」



「…俺、必要だったか?」

「さあ?」

ちょっ…勝ったし。www

ニッポン勝ったー!

「やったー!…ってますたー?なんでさっき悶えてたの?」

…え?いやあ…前半の途中テンション上がりすぎて…足つった。wwwしかも両方。www

どうしよう、うまく歩けない。www

「しるかお、いやー、でもにっぽんかっこよかったお。」

ね!足つってまで見たかいがありました!

「あしがつってるのはますたーだけだとおもうお。」

…はい。まああれだね!オランダ戦に期待だね!

「でもおらんだつよいとおもうお。」

いや、それでもきっと日本は頑張るとおもう!よし!最後に…ちょっと姐さん、こっち…。

「なんだお?」

…こんなかんじで。

「ほう。」

じゃ、せーの!

「「がんばれ!日本!」」

おすすめUTAU講座「炉心先生」



「なにこれ?」

UTAU界の大先生!炉心先生の講座だよ!

「ほお。なんではったの?ますたー?」

いや、ちょっと自分で見たりとかしたいときに見やすいかな?って思って。

「ふーん、でどうすごいの?」

うーん、初心者でもこれをみればある程度形に出来ることかな?俺もそうだし。

「おお、それはすごいね。」

うん、まあそんな感じー。

「ふーん。じゃ、ばいばーい。」

ばいばーい…って急すぎない?姐さん。

「しかたないお、これいじょうつづけようがないお。」

まあ…確かに。

鶏頭の俺がポケダン赤を普通に実況プレイ【初見だよ!】その6,7





「はーいというわけで、えんこがおわったその7とますたーがはりわすれてたその6だおー。」

はりわすれてましたーごめんなさーい。

「みどころは?」

6はあたらしいおともだち、7はにいでーす。

「じゃ、みてねー。」

簡単キャラ書き分け講座(役立つかどうかは不明)

エンコード中の暇つぶしコーナー!

説明しよう!これの時間は…

「ますたーのひまつぶしだおー。」

…はい。間違いありません。

「で、こんかいのひまつぶしは?」

簡単キャラ書き書き分け講座!です。

予定。

「るーららーうちゅうのかぜにーのーるー」

…よし。姐さんお疲れー。

「おお。やっとおわったか。」

まだ二番あるけどね。まあ一段落かなと。

「いやーひさしぶりにうたったからうたえるかふあんだったお。」

俺が仕事忙しかったからねー。

「そのわりにボクいそがしかったお。」

…意味不な記事は書きまくったからね。全く内容が無い記事が半分だったし。

「まったくいいめいわくだお。」

…まじごめん。

「で、こんかいはどんなないよーのきじなんだい?」

…えー、UTAUある程度形になってきましたってのと…あと今後の予定を。

「ほう。」

まずは個人面談遊馬編。…瀬奈編は勢いでつくったんだけど…遊馬編…どうしよう?

「ボクにきくなお。」

…ですよねー、書きます。

次は小説7章、結構意欲があるんで書けそうな気がする。

…ですが。

「なんだお?」

どうしよかなって?まとめるか何時も通り細切れでいこうか。

「ますたーのすきにすればいいとおもう。」

ですよねー。

ってことで中々来なかったらまとめ書きしてます。

次は全体の変更、タイトルとかね。

あ、テンプレ変えました。ハルだけに桜に。ホントはもっとピンクにしようと思ってたんだけどやめました。

「なんで?」

気持ち悪かったから。ww

「いまのままでもじゅうぶんだお。」

何が?

「きもちわるいの。」

…はい。

それと…えーと…まあ…ネタだけは結構豊富にあるんだけどねー。と…こんな感じデース。

「はーい。わかったおー、じゃ、ばいばーい。」

ばいばーい。

テト姐さんもやったんだから瀬奈もやってみよう!

ピンポーン

…zzz

「セ…!…ら!」

…うん?

「どうした…オベロン…。」

「ピンポンっていってる!」

…そういえば聞こえた気がする…

…みんないないのか…

「…こういうのは無視していいんだ。」

「ユーマは慌てて行ってたよ!」

「…遊馬は別だ。…俺は寝る…。」

折角の日曜なんだ…眠らせてくれ…

「ほら!セナ!」

「…」

「…あ。」

「…わひゃ…いや…やめろ…オ…オベロン…」

オベロンはつたを俺の体に絡ませて執拗なくすぐりを仕掛けてきた。

ひゃ…おま…誰から…わひゃ…こんなこと…わひゃひゃひゃ!

「テトが教えてくれたんだ、セナはこうやったら喜ぶって!」

「や…やめろ…ひゃ…ちょ…どこ…ひゃあ!


…戒め

…ボカロっていいよね。

「…うわき?」

ち…違うよ!俺は姐さん一筋だよ!

「…ふーん。」

ちょっと思っただけだよ!別にUTAUのWIKIにボカロの方が使いやすいって書いてたからそんなこと思ったわけじゃないよ!

「…ボクというものがありながらぼかろとかいっちゃうんだぁー。」

ごめんって!冗談だってば!

「へー…ふーん…。」

あ、姐さん!どこいくの!ちょっと待って!

…あ、ちょっと魔が差しかけたんで自分を戒めようと思った記事です。

俺はUTAUと姐さん(重音テト)を使い続けます!

あ、まってー!

後悔しかない気がする…(読んだ感想は)

はーい、ハルでーす。



姐さん、パス。

「いきなりなんだお?」

いや…なんか書きたくなって…。

「そんなことしないでUTAUなりどーがへんしゅーなりすればいいとおもうお。」

あ、その手があったか。ちょっといってくる。

「え…ほんとにいっちゃったお。…っていうかほうち…あとでころす…。」




よっしゃー。編集終わったよー。

「よし、しね、ますたー。」

いきなりなんですか!姐さん!最近口悪いよ!

「しるか、しねー。」

え…えぇええええ…えええええええええええええええええええええ!!!!!!!!




ひどい…。

「ほうちするますたーがわるいんだお。」

…ごめんなさい。はい、近いうちに動画貼ります…。

っていうかこっからどうしようか?

「しるかお。」

いや、ほんとに何も考えてなかったから…。

あーボツっちゃおうかなあ…

「じゃあさっきなんでふみとどまった?」

いや、ちょっと書いたら何かもったいなくって…

うーん、こっからどうしようか、っていうかこれ変な記事になるよね、書きながら内容を考えるって。

「しるかお。」

さっきからそればっかりじゃん、っていうかね、ほんとにこれ思ったことを書き連ねてるだけだから生産性がないんだよね、普通内容考えて書くもんじゃん、ブログって。

「じゃあなんでかきはじめた!」

書きたくなったの!もっと小奇麗にまとめたかったの!

「すでにしりめつれつだおー。」

…ああもういいや、この辺で終わっとこう。

「これよんだひときっとおこるおー。」

わーってます。ほんとに無駄な時間をごめんなさい、これで見捨てないでください。

「…ねえ、なんでほんとにこんなきじかいたの?」

…書きたくなったの!

TURN6終了記念座談会

というわけでネタバレ含む…かもしれないのでまた折っときまーす。

TURN6『蘇生』-EX-[エピローグ]

やっと…TURN6完結…


鶏頭の俺がポケダン赤を普通に実況プレイ【初見だよ!】その5



「こうしんしすぎてぐだってきたお…。」

うん…

「はい、みどころどーぞ。」

…えーっと、初ボス戦です。

「ほんとに?」

むしろ途中にでてくるリザードンでいい気さえする。

「どっち?」

…リザードンで。

「ってことらしいから、みてあげてねー。」

みてねー。

第972回「帰宅したら最初に何をする?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の水谷です!
今日のテーマは「帰宅したら最初に何をする?」です。

みなさん、帰宅したあとに最初に行うことって何ですか?
水谷は、まず最初にパソコンを付けます。

毎日、定期的にチェックするサイトがあるので
そのサイトを見ると、帰宅したーって気持ちになりますね。

水谷はしてないのですが、お香などを焚いたり
ハーブティーを飲んだりするのは、健...
第972回「帰宅したら最初に何をする?」



はい、というわけでトラックバックに初挑戦。

「まあげんじつはえんこちゅーでひまなんだお。」

…そういうのやめてよ姐さん。

「いやだおー、でますたー?いえかえってなにするの?」

…え?PC起動かな?

「まったくうえといっしょだお。いみないおそれじゃ。」

うーん、帰ってっていうか仕事が終わったらまず一服かな。

「おっさんだおー。」

…おっさんだもん。

「すねるなよー。」

ふん、姐さんは?

「な…いきなりなんだお?」

いや、どうなのかなって…。

「え…ぱそこんのきどうかな?」

…人のこといえないじゃん。

「う…うるさいお!」

…えーと…うぁエンコ失敗したし…まあいいや。姐さん、締めてー。

「わかったおー。ばいばーい。」

TURN6-あとがき

一部ネタバレ含…まない気がするけどとりあえず折っとく。

出来ればTURN6(瀬奈編)を全部読んでから読んで欲しいな。

TURN6『蘇生』-[涙]

…更新!

簡易報告

ふぅ…

「どうしたのますたーけんじゃたいむ?」

…姐さん、いきなりそんな卑猥なこと女の子が言っちゃいけません、あ、女の子って年じゃないか。

「しぬ?」

結構です、ごめんなさい。

「で、どうしたの?」

いや、ある意味賢者タイムだったけど…久々に瀬奈に仕事してもらってるところ。

「せなのしごとってなんだお?」

え?ああ、一応あいつ俺の小説の主人公だから主人公やってもらったところ。

「しゅじんこう?でもせなじみじゃん。」

地味ってwwまあね、でも、一応主人公だからね。

「どっちでもいいけど…かいつまんでいうとなにしてたの?」

小説書いてたの、プレッシャーかけられたのとプレッシャーかけるために。

「だれに?」

友達に。

「あっそ、でもどうがのへんしゅうとボクのれんしゅうはどうなってるの?」

いやうちパソコン一台しかないし…姐さんの練習付き合いだすと寝れなくなるし…

「そういうのをのりこえてこそくりえいたーのしんかがはっきされるとおもうお。」

…仕事で疲れてるの。

「ますたーのしごとって?」

…ポケモンマスター?

「なにそれ。」

冗談です。

「…で、このきじのいみは?」

…小説かいてますよーっていう報告。

「いまかいてないお?」

え?そういうことはいわないお約束…うーん。

「どうしたの?」

…いや、何かどうにかしてオチをつけないとなーって思って。

「つまり?」

死ななきゃいけない気がする、最近の傾向として。

「…それただのどえむとおもうお。」

うん、昨日言われてそう思った、俺も。あ、ちょっとこれ貼ってみよう、お気に入りの動画。



「とりぷるばかならこのあいだはったお。」

いや、チョイ違うの。アニメ風なの。

「ほう。」

これの姐さん可愛いよ。

「でもしゅやくじゃないお。」

こまかいこといっちゃだめだって、おれは姐さんしか見えてないから。

「きも。」

…うぅん(咳払い)。いや、三十路には見えない…

「ふーん。」

…あれ?来ないの?

「おなじネタはにかいつかったらだめだお。」

厳しい…。どうしようかな…。

「さあ、がんばるおー。」

えぇー…ネタねぇ…睡眠時間削ってるからなあ…。

「どうするー?おちなしでおわるー?」

ああもう!ちょっと待って、色々設定見てみるから。

「なんの?」

姐さんの。

「どんないみが…」

うーん…これ使えるかなあ?はぁああああああ!!!!

「な…なにを…」

ほら!ねずみ!

「…きゃぁあああああああああああああああ!!!!!

お!反応あり!あれ?ツインドリルが…

ぎゃアアアアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!


――――数分後――――――


「…あれ?ますたー?どこいった?…ボクなんふんかきおくがないお。」

「どうしたの?テト?」

「ゆーま。ますたーしらない?」

「ハル?みてないけど…。」

「うーん。ま、いっか。」

鶏頭の俺がポケダン赤を普通に実況プレイ【初見だよ!】その4

「あ、えんこおわったんだね…うーん、ますたーしんだし…とりあえずこれだお。」



「こんかいのみどころはひのこをおぼえてきょうきらんぶするますたーらしいお、ってことでみてねー。ばいばーい。」

おおよそ姐さんにそまる(頭が)動画集

うわーい。

「どうした?ますたー。」

動画エンコ中で暇なんでい。ってことで、今回は色々最近のお勧め動画(ほぼ姐さん)を貼っていきまーす。



「っていきなりボクかお。」

とってもかわいい姐さん動画。これ暫く眺めてると頭がテットテトになります。www

「どうなるの?」

え?UTAU落としたくなる。

「なるほど。そのけっかがいまのますたーなんだね。」

イエス!因みにこれだけじゃ物足りない人にはこれ!



「なんにもかわってないとおもうんだけど…」

みればわかる!とりあえず見ながら一緒に首振ってたら、すでにテトテトになってます。www

「テトテトにって…どうなるの?」

俺みたいになるの。

「いたくなるの?」

そうなの。

「…(みとめやがった。)」

よーし一気にいくぞーつぎはこれ



可愛い。ww

「…きも。」

えーと上二曲もラマーズPって人が作った曲なんですけどね。このPVの姐さんが可愛くて仕方がない…はぁ

「どうした?」

…いやあ、前から好きでずっときいてたんだけどさ、ちょっと久々に聴いたらまじで調声が神がかってるなあ…って思って。

「ますたーもがんばればいいお。」

…ですね。えーと次ね。



個人的にニコ動の姐さんの曲のなかで一番神だと思うやつ、因みに原曲はこれ



「なんかすごそうだね。」

すごいよー、曲も歌詞も調声も全部が神。ヤバイの一言に尽きる。目標はここですね。

これの新しい楽しみ方は同時再生、ユニゾンしたときの破壊力は半端ないです。

「でもこれどうじにならすのむずかしいお…。」

だよねーってことでこれ



「さいしょからはればよかったんじゃ…」

いや、粘ってもらおうかと思って。wwんじゃ、最後にこれ。



ちょっと上に貼ったやつの踊りつきです。かわいいです。とても三十路にはみえ…やべっ。

「…ますたー?」

い…や…口がすべって…ちょっと…だからディスティニーの前格は…

「だまるお。」

…いやアアああああああああああああああああああ!!!!!



template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.

FC2Ad