TURN  P-7

さてと…だいぶご都合主義になってしまったwww

それとやっとゲームに追いつきましたwww




スポンサーサイト

TURN  P-6 後編

よい子は真似しちゃいけないよ!

TURN P-6 前編

サブタイトルは「激闘!オツキミ山」かな?

TURN  P-5

一旦書き直すとつらいww


TURN  P-4

書き終えるのに3日かかりましたww



次に


2000HIT達成しました!

これも皆様のおかげです!

で、何か企画でも!

…何かあるか?

このあいだ1000HITの時も俺同じこといってたぞ…

よし!

小説せっかく書いてるので

人気投票だ!

ってもキャラ少ないな・・・

まあやってみよう!


武藤瀬奈

武藤遊馬

遊城進

遊城弥生

海馬青

…味気ないぜ

つっても遊戯とかアテムとかオリキャラじゃねえしな…

一応書くか…?

まあ投票は任せるぜ!


あっ!三沢忘れてた!

あとは…

セナ

オべロン

ポッポ

…とかか?

ポッポとか名前すらねえなww

まあ期間限定でトップに後から作っとこう!

結果発表は…

四月一日にでも。

じゃあ、そういうことで。

まず。

遊戯王小説遅延のお詫び

小説…ごめんなさい。

まあ…気持ちの問題ってのが一番の問題ですけど…

実際は…

ポケモンが楽しすぎますww

話考えなくていいから…

楽www


…はぁ!ごごめんなさい!!


ちょ、調子に乗ってました!!


はい、そんな感じですww

じゃあ、ブリュナでしたww

TURN  P-3

現実に追いつくように頑張ろうと思いますwww

今回はさっぱりしてます。

今回の真実 番外編

まあちょっと小説更新がストップしてしまったんで、

普通にここまでのプレイ日記でも。www


TURN  P-2

本編って小説のね。

遊戯王のほうは…頑張るwww

TURN P-1

ちなみに本編とは関係ない完全な外伝です。

……………………………………………………

TURN P-0 取り敢えず前置き。

おーい、瀬奈。

「ん?なんだ?ブリュナ?基本的にキャラと絡むのやらないんじゃなかったのか?」

そのつもりだったんだけどな、まあ気にするな!とりあえず新企画だ!

「は?新企画?」

そうだ!新企画!ニコニコ動画で最近ハマってるポケモンのプレイ動画に影響されてのプレイ小説だ!

「いや、さっぱり意味わかんねぇ。」

まあ、書くのは俺だから。

「いや、それは確かにそうだが…」

じゃないとお前主人公なのに出番ねないだろ?

「そこはおまえのさじ加減だろうが。」

まあ、そうだな!気にするな!とりあえずお前の救済だ!

「それ遊馬に言われ慣れたからもうきかねぇ。」

うるさい!言うこときかないと出番やらんぞ!

「勝手にしろ、体は勝手にアテムに使われてるから結構出番はある。しかもDシリーズで十分働いた。」

うるさい!はい!お前の性別!

「は?いや、お前が一番知ってるだろ。むしろお前の方が。」

女にすっぞ!

「…男だ。」

はい!お前の名前!

「瀬奈。」

瀬奈だな!ライバルは…こっちで決める!

「は?」

セナ!

「は?」

いよいよこれから君の物語の始まりだ!

「いや、まだ了承してないし、俺。」

夢と冒険と!ポケットモンスターの世界へ!

「いや、こっちの話し聞けって、第一こういうの遊馬の方が向いてるだろうし。」

レッツゴー!

「はあ…聞く気無しか、じゃあ俺帰るな。」

リバースカードオープン!奈落の落とし穴!

「は?って…わああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

これでよし…と。

はい、ってことでこの間言ったポケモン(ファイアレッド)プレイ日記です。

ただ普通に書いても『いや、知ってるから。』ってなるのが目に見えてるのでそこはこのサイトらしく小説形式で。

本編でびっくりする程空気な瀬奈君を主人公に据えて、頑張ってもらおうと。

…いや、元々主人公ですけど。

主軸が歪まない程度にオリジナル要素を挟んでいくんで、そこはお楽しみに。

…自分でハードル上げたなあ。笑

ってことで、不定期で更新するんでこっちもよろしくー。

ただ話が見えるぶんこっちが書きやすいのが懸念されます。笑

我ながら痛いなあ。笑

TURN3『展開』-6

前書き

なんやかんやで6話ですねえ。

TURN的には今んとこ最長ですねえ。

うーん実質存在しなかったターンだったんですが…

でもTURN2はなんやかんや一話一話長かったからなあ。

まあいいや、始まりー。

TURN3『展開』-5

前書き

手直ししましたwww

内容はそんなに変ってない…

っていうか全然www

んじゃ始まり!

D(ディフォーマー)・デッキレシピ

「やっとDのレシピだな。」

「前回のネクストから軽く二週間くらいだからねー。」

「まあ筆者のやる気の問題だからな…で、レシピなんだが。」

D(ディフォーマー)41枚

モンスター19枚
D・モバホン
D・モバホン
D・モバホン
D・ボードン
D・ボードン
D・ボードン
D・ラジオン
D・ラジオン
D・ラジオン
D・ラジカッセン
D・ラジカッセン
D・ラジカッセン
D・ビデオン
D・ビデオン
D・リモコン
D・リモコン
D・スコープン
D・スコープン
クリッター


魔法カード16枚
D・スピードユニット
D・スピードユニット
ワン・フォー・ワン
ワン・フォー・ワン
ジャンクBOX
ジャンクBOX
ジャンクBOX
死者蘇生
サイクロン
大嵐
洗脳‐ブレインコントロール‐
進化する人類
ダブルツールD&C
ダブルツールD&C
団結の力
地獄の暴走召喚

罠カード6枚
聖なるバリア‐ミラーフォース‐
激流葬
D・バリア
D・バインド
D・バインド
D・バインド


「…ま、こんな感じだな、ボードン1KILLに近い形だな。エクストラはパワーツールとダークダイブボンバー、ブラックローズ…あとは自由にって感じだ。」

「うーん、クリッター邪魔じゃない?」

「まあ削って40枚にしてもいいが…実質このデッキなら万能サーチカードになるから便利は便利だからな。」

「なんでバインド3枚も入ってんのさ?この間威嚇する咆哮の方がいいって言ったじゃん。」

「…家庭の事情だ。」

「いや、意味わかんないから。」

「…カードプールの問題だ。」

「ん?どういうこと?」

「ブリュナが持って無いんだよ!」

「…なるほどね。」

「まあ変わりとしてはそれなりに使えるからな、状態によってはこっちの方が便利な場合もある。」

「でもこれじゃ一掃されたら終わりだよね?それこそブラックローズとかで。」

「…これもブリュナの方の問題だから何とも言えないが…天罰や神の宣告を入れてしまえば対策になるな。まあバリアの代わりに入れればいいんじゃないか?」

「じゃあ1枚?」

「いや、そこは要調整だな、まあ基本は1キルが狙えるからまあ絶対必要ではないと思うが…。ま、咆哮対策だな。」

「なるほど。」

「こんな感じか?」

「そうだね。」

「これでやっと本遍再開だな。じゃあ、締めはまかした。」

「え?まあいいけどさ、じゃあ、瀬奈と遊馬でした。ばいばーい。」

なんとなく書いてみたくなったOCG基準(?)小説www

…前書きww

短編ですよ

思いつきだから内容が薄いwww

駄文ですwww

はじまりますww

Mr.children TOUR2009 〝終末のコンフィデンスソングス” 

のライブレポってことです。

ってことでネタばれ注意だよ。

ちょっとした疑問点(俺的なwww)

「瀬奈~?」

「…最近この始まり多くないか…どうした遊馬?」

「あのさ、メタビートとか言うけどその『メタ』ってなに?」

「メタっていうのは、高次な…や、超…、とかいった意味だな、つまり一つ上を行くって意味を持っているんだが、TCGでは『メタる』とか言って実質的に行動を阻害するって意味でつかわれるな。」

「あれ?なんか意味が変ってない?」

「思っている通りに動かさせないってことが、その相手のデッキの上を行くってことになるんだろう。」

「なるほどね、じゃあさ、その環境で一番強いデッキを『トップメタ』って言うけど、どんな意味なのさ?相手を妨害しないデッキもトップメタっていうじゃない?」

「これまでの流れで考えると意味合い的にはよくわからないことになるが、よく『メタが刺さらなかった』とかいうだろ?それは『相手のデッキを妨害しきらなかった』って意味合いになる。妨害しきれなかったってことは相手に戦術を押し通されたってことだからこっちの戦術が押し通せなかったってことになる。つまり相性が悪い、逆にいえば『相手にメタられた』ともとれなくもないだろ?つまりメタの中の連鎖のトップだからトップメタってことになる。よく考えるとトップの上って意味はおかしいんだが…実質『メタ』がTCG用語の一つってことになるんだろうな。」

「へぇー。」

「そう考えるとトップメタのメタデッキっていうのはかなり意味合いはおかしいが、メタの連鎖の初期段階でやられても、一番上には相性がいいといった状況が発生するからそういうデッキが存在するんだろう、どの環境に於いても広範囲に妨害することのできるデッキが、全てのデッキに対してメタることが出来れば実質環境のトップになるんだろうな。多分。」

「なるほど。」

「…さっきからお前そんなのばっかりだな…まあカードの上限枚数から考えると厳しいものもあるが…そもそも書いてる人間がそっち系苦手だからデッキについてはあんまり深くまでは突っ込めないが…だいたいこんな感じだろ?」

「そうだねー。」

「ちなみに参考文献はhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%82%BFhttp://yugioh-wiki.net/index.php?cmd=read&page=%A5%E1%A5%BF&word=%A5%E1%A5%BFな。前者はウィキペディア、後者は遊戯王カードWikiだ。何か質問があったらコメントをくれ。」

「ずいぶん高圧的だね。」

「仕方ないだろ、こういう性格なんだ。」

「まあいいけどさ。…筆者が未熟だから至らない点には突っ込みお願いね。」

「…よし、じゃあ、瀬奈と遊馬でした…ほんとにこれでいいのか…じゃあな。」

「ばいばーい。」


ボルテック!!02

「ってことでボルテック特集第二段だ。」

「珍しいね、瀬奈から始まるって。」

「…うるさいな。まあいいが、今回はボルテックを使用したコンボだな。」

「どんなのがあるのさ?」

「ボルテックがループして1ターンキルをかますコンボが有名だな。」

「パーツは?」

「まずは1枚除外ゾーンにボルテック、そしてマクロコスモスや次元の裂け目、各種追放者といった除外カード、それにデスカウンターだな。除外カードとデスカウンターは門前払いと縮退回路でも代用可能だ。」

「パーツわかったけどどんなコンボなのさ?」

「まずボルテックで攻撃し、相手にダメージを与える。ここで収縮かスカイスクレイパーの恩恵を受けれれば攻撃が通りやすいな。ベストは相手ターンにデスカウンターで除去できれば一番いい。そこで相手フィールドが空になっていればコンボスタートだ。ボルテックの効果でボルテックを蘇生する、そして攻撃をしたボルテックが除外される、また蘇生したボルテックで攻撃をする、蘇生、除外、攻撃…といった具合で繰り返すことでライフを0にするってコンボだ。」

「確かに強力そうだけど…パーツ多いね。」

「実質夢コンボだからな。決まれば終わる、ボルテックの除外はミラクルフュージョンから可能でZEROで除去できるから狙いやすくはあるんだが…まあパーツ枚数を考えると・・・厳しいな。」

「…だよねぇ…他には?」

「もう終わりだ。」

「え…これだけのために記事使ったの?」

「前回続くって言った以上続けざるをえなかったんだろ?きっと。」

「…計画性は相変わらずだね。」

「…仕方がないだろ。じゃあぼちぼち締めるか。」

「そだね。」

「じゃあ、瀬奈と遊馬でした…って感じか?じゃあな。」

「うんOKだよ。

ボルテック!!

「今回はE・HEROボルテック特集だよ!」

「…ディフォーマーのレシピは?」

「ちょっとパスだって。」

「…まあそんなことだと思ったが。」

「ってことで瀬奈パス!」

「ああ…ってええ!!」

「ほんとは進君呼ぼうと思ったらしいけど瀬奈まだTURN3出てないじゃん。」

「う…」

「ってことで瀬奈よろしくー。」

「はあ…んじゃ効果とステータスな。」

効果モンスター
星4/光属性/雷族/攻1000/守1500
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
ゲームから除外されている自分の「E・HERO」と名のついたモンスター1体を
自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。


「だな。」

「でも何かステータス低くない?」

「まあ効果が結構強力だからスペックが高すぎると問題だからな。」

「なるほどね。」

「んじゃあこのカードの使い方な。基本はミラクルフュージョンからの追撃だな。」

「なるほど、融合モンスターを特殊召喚してからさらにってことだね。」

「まあそういうことだ。繰り返しになるが除外からの追撃だな。故に放浪の勇者フリードや神聖なる魂も相性がいいな。」

「でもこのスペックでダメージ与えるの辛くない?」

「そこはこのカードがE・HEROで光属性であることを生かせばいい。スカイスクレイパーやオネストが使えるからな。」

「なるほどねー。」

「あ…なんかブリュナが限界みたいだ。ってことで次回に続くぞ。」

「へ?みじかくない?」

「今回は眠気の限界だから、仕方がない。ってことで、瀬奈と遊馬でした…ってとこだな。じゃあな。」

光ヒロビ・デッキレシピ

試してみて調子のよかった光ヒロビのレシピあげまーす。 

口調が普通なのは携帯から更新だからです。どーもブリュナです。 

とか書いときながら結局PCで手直ししてるのは秘密ww

E・HERO アナザー・ネオス×3
E・HERO プリズマー×2
E・HERO エアーマン×1 
E・HERO スパークマン×1 
E・HERO オーシャン×1 
E・HERO キャプテンゴールド×2 
E・HERO ボルテック×2
ライオウ×3
サイドラ×1 
放浪の勇者フリード×1
異次元の女戦士×1
オネスト×3

E-エマージェンシーコール×3
摩天楼スカイスクレイパー×2 
収縮×2 
サイクロン×1 
ハリケーン×1 
洗脳‐ブレインコントロール‐×1 
ライトイレイザー×1 
ミラクル・フュージョン×1
ライトニングボルテックス×1

奈落の落とし穴×3
激流葬×1 
聖なるバリア‐ミラフォース‐×1 
キックバック×1

エクストラデッキ 
E・HERO アブソルートZERO
キメラテックフォートレスドラゴン
E・HERO ジ・アース
その他各種シンクロ

とりあえずこんな感じです。

神聖なる魂や光の招集をいれてみたいような。
フリード増やしたりとかも考えたいです。

あと入れ忘れた増援ww

それとミラクル・フュージョンの枚数とオーシャンの枚数とか魔獣王とかを調整してZEROやシャイニング・フレア・ウイングマンかシャイニング・フェニックスガイとかをねらえるようにしてみようかなと。

では、ブリュナでしたwww

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.

FC2Ad