TURN1『復活』-アテムVS遊馬<完全版>

前書き

さて、第一話のアテムVS遊馬完全版です。

一部書き忘れ等をそれなりに加えた感じになっています。

前回の完全版のように、欠落してた部分を埋めるってことは今回はないのですが、一部分大幅に変更されています。

では、どうぞ。
……………………………………

スポンサーサイト

TURN1『復活』-6

前書き

なんとかアテムVS三ゲフンゲフン遊馬完結です。

途中の展開を思いついたんで、完全版では改定しようか。

まあ結末は同じなんで。

アテムVS三沢…じゃねえ!遊馬完結編です!始まり始まり~。

………………………………
「ガードブロック!戦闘ダメージを無効にして、カードを一枚ドローする!」

リニア・マグナムの攻撃は俺に届かず四散する。

「う~ん…通らないかあ、僕はこれでターンエンドだなあ。」

「俺のターン、ドロー!」

…よし!

「クイーンズナイト召喚!更に魔法カード、二重召喚発動!手札から更にモンスターを召喚できる!俺はキングスナイトを召喚するぜ!」 

俺のフィールドにキングとクイーンを冠した二人の騎士が現れる。

「キングスナイトの効果発動!自分のフィールドにクイーンズナイト存在する場合、デッキからジャックスナイトを召喚する!」

「俺のフィールド上に絵札の三銃士が揃った!三つの力を一つに!魔法カード、融合発動!さあ!出でよアルカナナイトジョーカー!」

三体の騎士が一つになり様々なトランプで最強のカード『ジョーカー』の名を宿した戦士が現れる。

「魔法カード速攻発動!アルカナナイトジョーカーでリニア・マグナムに攻撃!ジョーカー・ブレード・クラッシュ!」

ジョーカーの剣がリニア・マグナムを切り裂いた。

「くうっ…」

遊馬LP3800→2700

「俺はカードを二枚セットしてターンエンドだ。」

「ピンチだね…うーん…とりあえずドロー!」

口で言っている事とは裏腹に遊馬の目は闘志を失ってはいない。

「魔法カード壺の中の魔術書発動!すべてのプレイヤーはカードを3枚ドローする!」

土壇場でドローカードを引くとは…

「魔法カード、死者蘇生!僕は磁石の戦士αを蘇生するよ!」 

α…まさか!

「魔法カード、同胞の絆発動!ライフを1000支払い、デッキから磁石の戦士β、γを特殊召喚する!」 

遊馬LP2700→1700 

「僕のフィールドにα、β、γの三枚の磁石の戦士が揃った!」

「合体!磁石の戦士、マグネット・バルキリオン!」 

「だがバルキリオンでは、俺のジョーカーは倒せないぜ!遊馬!」

「わかってるさ、だから僕は魔法カード、武装再生を発動する!君の墓地から稲妻の剣を再生し、バルキリオンに装備する!」 

バルキリオンの剣が稲妻を纏い、その威力を増した。

「バルキリオンでアルカナナイトジョーカーに攻撃!ライトニング・マグネットソード!」

「やるな遊馬…だが!」 

「リバースカードオープン!魔法移し発動!バルキリオンの稲妻の剣をアルカナナイトジョーカーに移す!そして!アルカナナイトジョーカーの反撃!ライトニング・サンダーブレード!」

バルキリオンの剣の稲妻がジョーカーの剣に移り、稲妻を纏ったジョーカーの剣が、バルキリオンを打ち砕いた。

遊馬LP1700→600

「うわぁぁ…バルキリオンがやられたぁぁ…僕はカードを一枚セットしてターンエンドだよ…。」

「俺のターン、ドロー!」

「これで終わりだ!ジョーカーで遊馬にダイレクトアタック!」

「甘いよ!アテム!リバースカードオープン!ミラーフォース発動!これでジョーカーを破壊するよ!」

鏡のバリアが遊馬を守ろうとする…だが!

「リバースカード!罠はずし!ミラーフォースを破壊する!」 

遊馬を守るはずの鏡は儚く砕け、ジョーカーの剣は遊馬を切り裂いた。

遊馬LP600→0

「…あーあ、負けちゃったかあ。さすが初代決闘王だ、強いや。」

「いや、お前も手強かったぜ、流石、遊戯の息子だな。」

「そこに父さんは関係ないし、僕は君のライフ400しか減らしてないよ…まあいいや、楽しかったよ、アテム。」

遊馬は少しムッとした表情を浮かべたが、直ぐに笑顔を浮かべ握手を求めてきた。

「俺もだ、楽しかったぜ、遊馬。」

俺もそれに答えた。 

「…そういえば瀬奈は?」

…ああ、相変わらずなんか喚いてるな、変わってやるか。 

「出せって!おい!…あれ出れた。」

瀬奈に変わった瞬間、久しぶりにデュエルをした所為か、唐突な眠気に襲われた…。 

「…説…お…アテ…」

遊戯か説明してくれるさ。

…そう瀬奈に言った後俺の意識は完全に眠りに落ちた。

TURN1『復活』-5

久々!ブリュナだよ!

書いたよ!1ヶ月ぶりくらいにかいたよ!

さーて割と崩壊気味だけどどうなるかなあ。笑

じゃ始まり始まりー。
…………………………………

「これで僕はターンエンド。」

アテムLP3600 手札5

遊馬LP40004 
マグネットブレイダー 

「俺のターンドロー!…よし、ジャックスナイト召喚!そして、装備魔法!稲妻の剣発動!」

ジャックスナイトの剣に稲妻が落ち、剣が雷を纏う。

「ジャックスナイトでマグネット・ブレイダーに攻撃!サンダーブレイクソード!」

雷を纏った剣が磁石の戦士を打ち砕く。

遊馬LP4000→3800

「くっ…だけどマグネット・ブレイダーの効果発動!δがαの身代わりになる!」 

ジャックスナイトの一撃により破壊されたと思われたマグネット・ブレイダーの後に磁石の戦士αが残る…倒しきれなかったか…。

「カードを二枚セットし、俺はターンエンドだ。」 

「僕のターン、ドロー!僕は磁石の戦士Σ+召喚!」

遊馬のフィールドに俺の知らない磁石の戦士が現れる。

「そして魔法カード、リニアストライク!反発する磁石の力を利用し、磁石の戦士αを攻撃力を二倍にしてジャックスナイトに発射!」

Σ+とαの間に凄まじい磁力が発生し、凄まじい勢いで磁石の戦士αがジャックスナイトに突撃しとくる。

「リバースカードオープン!モンスター回収!」

ジャックスナイトがフィールドから離れたことにより、αは何もないところに突っ込み粉々になる。

「あ~よけられちゃったかあ。」

「甘いぜ、遊馬。俺はモンスター回収の効果でジャックスナイトと手札をデッキに戻し、カードを五枚ドローする!」

「うーん…なら僕は磁石の絆を発動、磁石の戦士Ω-をフィールド上に特殊召喚するよ、そして…」

二体磁石の戦士の間に磁場が発生している…

「Σ+とΩ-の合体!超電導戦士リニア・マグナム±!」

「さあ!いくよ!アテム!リニア・マグナムの攻撃!マグナム・レールガン!」

「させないぜ!遊馬!リバースカードオープン!」

ふと思い立ち。

自分のカードゲームにおける傾向でも。 

ある程度カードが揃えられるゲームでは、基本的に速攻が大好き。笑

別にGWでみんなに速攻を持たせるわけではありません。 

ただ黒ウィニーを作ったときにはA・ベイトを突っ込みましたが。笑

砂上の楼閣でドローを加速し、隠れハイザックやら、バーザム等で打点を稼ぐ! 

ってデッキでしたが… 

同時期に組んでた青ウィニー(疾風の砲火3つを組んだだけ)よか弱かった。笑

んで遊戯王では大量展開の戦士を使っていましたが、単体の慢性的な打点不足(それでも意外に伸びる。笑)に悩まされ、行き着いた所は単体で爆発的な打点を叩きだすダークガイアな訳ですな。笑

ヘルゲイナーがいれば一時期のラゴウみたいな展開も夢ではなく。笑

まあ遊戯王みたいなエネルギーの概念のないゲームだからこそ出来る手段ですが。笑

この4つのデッキの共通点は、早く展開し、早く倒すってのが共通。 

何故にこう早く早くとなるかといいますと。 

早い話、集中力が続かない。笑

結構すぐアボーンってなります。笑

基本的に除去→殴るくらいしか考えられないんで… いや、そんなことはないけども。 

ただ本気でテンパると帰って来れなくなるほうなんで、早く終わらすことにまあ損はないかなと。笑

これ以上書くとこれ以上グダるのでこれでおしまい! 

では、ブリュナでした。

template by Lazy Diary

copyright © ハルの脳内ブログ all rights reserved.

FC2Ad